第2回文化・教育委員会を開催

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、12月14日(月)、第2回文化・教育委員会を開催しました。

本日の会議では「文化・教育」分野のアクション&レガシープランの中間報告骨子について議論を行いました。中間報告は、来年1月25日の組織委員会理事会に提案する予定です。

宮田委員長は、会議後の会見で「本日の委員会では、中間報告の内容に加えて、文化・教育分野のPRにどのようなメッセージを込めるかという点について意見をいただきました。今後、アクション&レガシープランを推進するために、このPRを効果的に行っていきたいです」とコメントしました。

具体的には「小学校、中学校、高校の運動会が日本のスポーツ文化の一つなので、オリンピック音頭のようなダンスを運動会でやったり、パラリンピック競技を体験できる運動会にしたりと、教育の分野でオリンピック・パラリンピックと繋がるような取組みをしたらどうか」といった意見等が出ました。

委員会の様子 委員会の宮田委員長 委員会の様子