理事会の開催結果について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、1月23日、第5回理事会を開催しました。

理事会では、大会開催基本計画や3つの専門委員会(街づくり・持続可能性委員会、文化・教育委員会、経済・テクノロジー委員会)の設置等が承認されました。

大会開催基本計画は、大会開催準備の枠組みを提供する基本的な計画です。2015年2月までにIOC、IPCへの提出を予定しており、本大会開催基本計画を出発点として、具体的実施内容について今後検討を進めていきます。

大会開催基本計画について、森会長は理事会後の会見で「大会開催基本計画について、基本的な内容について了承されました。今後は、この計画に基づき、アジェンダ2020等を踏まえ、IOC/IPC、NF/IF等とも連携を深めながら、準備を進めて参ります」と述べ、武藤事務総長からも「来月2月までにIOC、IPCにそれぞれ提出できるよう、策定を進めております」とのコメントがありました。

また、1月24日で2年目を迎える東京2020組織委員会について、森会長は「組織委員会は二年目に入りますが、今後とも「すべての人が自己ベストを目指し」、「一人ひとりが互いを認め合い」、そして、未来につなげる」という大会ビジョンに基づき、力を尽くして参ります」と今後の抱負を述べました。
理事会の模様 森喜朗会長