第1回IPC‐東京2020プロジェクトレビューを開催

一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、12月15日(月)、16日(火)の2日間にわたり、第1回IPC‐東京2020プロジェクトレビュー(IPCと組織委員会が準備の進捗状況を確認する事務レベルの折衝)を開催しました。

第1回となる今回の会議は、東京2020側からプレゼンテーションを行う形で、大会ビジョン、東京2020の進捗状況、ベニュー&スポーツ、計画調整、パラリンピック・インテグレーション、アクセシビリティ、アクション&レガシープラン、エンゲージメント、コマーシャル&ブランド等、幅広いテーマについて意見交換が行われました。
2日間の日程を終え、ハビエル・ゴンザレス国際パラリンピック委員会CEO 、武藤敏郎組織委員会事務総長は、それぞれ以下のようにコメントしています。

(コメント)
ハビエル・ゴンザレス 国際パラリンピック委員会CEO

この2日間は、組織委員会との協業を始めて1年目の総仕上げの場となりました。
この段階で、すべての分野でこれだけ進捗しているパラリンピック競技大会のプロジェクトというのは過去に無いと思います。総じて生産的な意見交換の場になったと感じており、中でもコマーシャル、エンゲージメント、レガシーなどの取り組みについては、明確な機会が存在すると思いました。一方で、まだまだ先は長いということも認識しなくてはならず、引き続き組織委員会と協力体制を築いていきたいと思います。


武藤敏郎 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長

今回、2日間に渡るプロジェクトレビューにおいて、幅広い分野の協議を行うことができました。
1日目は、大会ビジョン、東京2020の進捗状況、ベニュー&スポーツ、計画調整、パラリンピック・インテグレーション、アクセシビリティについて、2日目も、アクション&レガシープラン、エンゲージメント、コマーシャル&ブランドについて協議を行いました。いずれの分野においても、活発な意見交換ができ、大変有意義な会議となりました。
この2日間の会議でIPCの皆様から頂いた貴重なアドバイスを踏まえ、今後も関係者一同、オールジャパン体制で大会成功実現に向け尽力して参ります。
プロジェクトレビューの模様 プロジェクトレビューの模様 ハビエル・ゴンザレス国際パラリンピック委員会CEOと武藤敏郎事務総長