「スポーツの力で街をキレイに!」第3回東京2020スポGOMI大会を江の島と釣ヶ崎海岸で同時開催

「ごみ拾いはスポーツだ!」スタート前に掛け声をあげる釣ヶ崎会場の参加者

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、「世界環境デー」 である6月5日(水)に、「世界環境デー 第3回東京2020スポGOMI大会」を開催しました。
スポGOMI大会とは「スポーツの力で街をキレイに!」をテーマとして、最大5人1組のチームで制限時間内に定められたエリアでごみを拾い、その質と量でポイントを競い合う地球に最も優しいスポーツです。
3回目の開催となる今回は、初めて国連広報センターの協力を得て、セーリングの競技会場となる江の島(神奈川県藤沢市)およびサーフィンの競技会場となる釣ヶ崎海岸(千葉県長生郡一宮町)の2か所で同時に開催しました。会場には、地元住民や関係団体の方々をはじめ、大学生や各自治体職員、東京2020スポンサー企業、東京2020組織委員会職員などが集い、両会場合わせて過去最多となる300人以上の方が参加。合計約160㎏のごみを収集しました。

ごみ拾いはスポーツだ!

スポーツであるがゆえに、勝負に勝つには戦略とチームの団結が不可欠です。今大会は、海洋汚染の一因として世界的に関心を集めるプラスチックごみに焦点を当てており、小さなプラスチックごみは高得点が得られるなど、質と量のバランスをいかにとるかが勝負の分かれ目となりました。
また、各会場にゆかりのあるアスリートの皆さんにもゲストとしてご参加いただきました。江の島会場では地元藤沢市のチームに所属する3x3 バスケットボールの小沼めぐみ選手、元プロバスケットボールプレーヤーの石田剛規さん、水泳オリンピアンで、現在は東京2020組織委員会職員でもある伊藤華英が参加。そして釣ヶ崎海岸会場では、日々この海で練習に励んでいるプロサーファーの川合美乃里選手、田中英義選手、高橋健人選手が参加し、多くのごみを拾い集めるなど一際光る活躍を見せてくれました。

セーリング競技会場の江の島(神奈川県藤沢市)

江の島会場でごみを拾う参加者
SDGsのフラッグと江の島会場の参加者の皆さん
江の島会場に参加されたアスリートの皆さん
拾ったごみと共に参加者全員で集合写真

サーフィン競技会場の釣ヶ崎海岸(千葉県長生郡一宮町)

釣ヶ崎海岸会場でごみを拾う参加者たち
釣ヶ崎海岸会場プラスチックごみを拾う参加者
分別したごみをの重量を計測
釣ヶ崎海岸会場で一宮町長とごみを拾う参加者たち

競技終了後、田中英義選手は「競技としてごみを拾うので、意欲が湧いてたくさん拾うことができました。その結果、海も綺麗になるとても良い競技であり、楽しかったです。」とスポGOMIの感想を語ってくださいました。また、川合美乃里選手は「普段から練習している場所で綺麗だと思っていたが、小さなごみが多いことに驚きました。これから迎える夏の時期は花火などのごみを海岸に残さないでほしい」と願っていました。そして、高橋健人選手は「波に打ち砕かれて小さくなったプラスチックごみがいくつもありましたが、SNSなどで生き物がプラスチックごみの被害を受けている状況を見た時は心を痛めた。今日のような活動によって被害を防げるのであれば、海で競技をする一員として意識していかなければならないことだと感じました。」と、より環境問題に対する理解を深めたようです。

「海をキレイに!」というのは、海を利用するすべての人々に共通する願いです。競技を行う選手にとっても、自らごみ拾いを体験することで、よりその思いが強くなったのではないでしょうか。

東京2020組織委員会では、今後もスポーツを通して、環境に対する意識を持っていただくための取り組みを継続していきます!

見事なチームワークで3位入賞を果たしたプロサーファーチーム

競技概要

サーフィン
セーリング

1972年ストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたもの