東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーファイナル!

日本全国で東京2020大会の参画や応援を促すため、2016年からの3年間に渡り、東京都内62区市町村、被災県、全国の道府県を巡回してきた東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー。

2019年3月30日(土)、ファイナルを迎えたオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグは北ルート最後の山梨県甲府駅を出発し、東京駅に到着。
到着後、東京駅動輪の広場でフラッグを展示した後、主催4者(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC))により、東京駅丸の内中央広場おいて、「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーファイナルイベント~Tokyo 2020 500 Days to Go!~」が開催されました。

東京駅に到着したオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグ
展示されたオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグ

イベントにはオリンピアンの吉田沙保里さん(レスリング/アテネ2004大会金メダル、北京2008大会金メダル、ロンドン2012大会金メダル、リオ2016大会銀メダル)とTOKIOの皆さんも駆けつけ、オリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグの東京への凱旋を祝うとともに、来場者と競技体験を行いました。

BMXの競技体験をする吉田沙保里さん
競技体験をする子どもたち
ボッチャのプレイに注目するTOKIOのみなさん
集合写真