「東京2020 Let's 55 ~レッツゴーゴー~ with 野村ホールディングス」を3月30日、31日と連日開催 アスリートも多く登場

東京2020大会に向けて、オリンピック・パラリンピックの全55競技を体験できるプロジェクト「東京2020 Let's 55 ~レッツゴーゴー~ with野村ホールディングス」が2019年3月30日(土)、東京証券取引所で行われました。第4回となる今回は、初めて実施するシッティングバレーボールほか、オリンピック・パラリンピックの16競技の体験会を実施。多くの来場者が、指導してくれるアスリートとともに競技を楽しんでいました。

空手の体験をする子どもたち

ブラインドサッカーを体験している様子

また競技体験会のほかに、講演会も行われ、現在バレーボール全日本女子チームを率いる中田久美監督と、バルセロナ1992オリンピックの男子柔道で金メダルを獲得し、パーク24柔道部で指導する吉田秀彦総監督による監督対談が実現。2人が選手時代に共に出場したバルセロナ1992オリンピックについて「それまで試合に負けて泣いたことはなかったのですが、唯一泣いたのがこの大会でした。」(中田監督)、「柔道は銀メダルや銅メダルではたたかれる時代。金メダルを取れたという結果もあり、一番印象に残っている大会です。」(吉田総監督)と、思い出を語っていました。

中田久美監督と吉田秀彦さんの対談

成田緑夢のトークショー

さらには平昌2018パラリンピックのスノーボードバンクドスラロームで金メダルを獲得した成田緑夢選手が、リオデジャネイロ2016パラリンピックに出場した卓球の岩渕幸洋選手とのトークショーに登場。パラスポーツをやり始めた当初、成田選手は「健常者のときに競技をやっていたから普通に勝てると思っていたのですが、全然勝てなくて、どこに障がいがあるのかと思っていました。」と、そのレベルの高さを感じていたそうです。

「東京2020 Let's 55 ~レッツゴーゴー~ with野村ホールディングス」は3月31日(日)にも同じ東京証券取引所で開催。アスリートが登場するほか味の素株式会社による「勝ち飯教室」や株式会社 明治による「食育セミナー パワー!ひとくちの力 ~すすんで運動、しっかり食べよう~」といった講演会も行われます。ぜひご来場くだい。

東京2020 Let's 55