今年の夏は東京五輪音頭-2020-で盛り上がろう!〜「Tokyo 2020と祭りでつながろう」発表会開催!〜

6月も下旬を迎え、間もなく夏本番を迎えます。
夏といえば夏祭り、夏祭りといえば盆踊りと、大人も子どももみんなで踊って楽しめるイベントが全国で行われる季節ですね!

そんな全国の夏祭りを盛り上げるため、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、昨夏、1963年に制作され三波春夫さんをはじめ多くの方々に歌い継がれてきた東京五輪音頭を現代版にリメイクした「東京五輪音頭-2020-」を制作しました。
そして、2018年6月26日、ニューバージョンの振り付け「ゆうゆう踊ろう」をラインナップに加え、東京五輪音頭-2020-を改めてお披露目する「Tokyo 2020と祭りでつながろう」発表会を都内で開催しました。

「ゆうゆう踊ろう」の様子

大林素子さん

会場にはやぐらが設置され、冒頭、オリンピアン・パラリンピアンのほか、東京都民踊連盟の方が登壇し、東京五輪音頭-2020-「ゆうゆう踊ろう」を披露。今日初めて映像を見て練習をしたというオリンピアンの大林素子さん(バレーボール/ソウル1988大会、バルセロナ1992大会、アトランタ1996大会)は、「初めてでも踊りやすく、見よう見まねでも無理なく楽しんでいただけると思います」とコメントしました。

参加したオリンピアン・パラリンピアン(左から大林素子さん、藤井 瑞希選手(バドミントン/ロンドン 2012 大会)、田口 亜希 東京2020組織委員会アスリート委員会委員(パラ射撃/アテネ 2004 大会・北京 2008 大会・ロンドン 2012 大会)、山本 篤選手(パラ陸上競技/北京 2008 大会・ロンドン 2012 大会・リオデジャネイロ 2016 大会、パラスノボード/平昌 2018 冬季大会)

発表会の後半では、スペシャルゲストとしてなんとEXILEのÜSAさんとTETSUYAさんが登場!踊りの持つ魅力や力を語っていただきました。

ÜSAさん(左)とTETSUYAさん(右)

EXILE ÜSAさんコメント

花火をモチーフにしたオリンピックエンブレムのデザインの浴衣(東京2020公式ライセンス商品:8月発売予定)を着用し登場したÜSAさん

2013年から日本の祭りを巡る旅をしており、踊りあったことで、一つに通じ合える経験をしてきました。音頭の力でHAPPYとPEACEの輪をこれからも広めていきたいなと思います。また、子供から高齢者までが楽しめるよう僕らなりにアレンジを加えて、地域の特色も入れていければと考えています。

EXILE TETSUYAさんコメント

ÜSAさんと色違いでパラリンピックエンブレムの浴衣(東京2020公式ライセンス商品:8月発売予定)を着用したTETSUYAさん。扇子はオリンピックエンブレムデザインの「絹貼り短知扇子」

音楽、ダンス、スポーツ、日本の歴史すべてがミックスされた音頭を全ての皆さんに楽しんでいただきたいと思います。車いすバージョンももっと楽しく踊れる方法を考えていきたいです。
僕たちとしては、「自由に楽しく」をコンセプトに、東京2020大会に向けて出来ることをやっていきたいです。また、時間が許す限り各所に行って東京2020大会を一生懸命盛り上げていきたいです。スポーツとエンタテインメントが融合することでみなさんの笑顔が増え、それが日本の元気につながると思います。

この夏、全国の盆踊り会場でオリンピアン・パラリンピアンが「東京五輪音頭-2020-」を踊ります!

イベントの最後に、本年度における新たな展開である「東京五輪音頭-2020-踊り隊!」の結成が発表されました。「東京五輪音頭-2020-踊り隊!」は、"「東京五輪音頭-2020-」を踊りたい!"と思う方なら誰でもなることができ、また、全国のお祭りをはじめとした盆踊り会場に、オリンピアン・ パラリンピアンが赴き、全国の皆さんと「東京五輪音頭-2020-」踊り、踊りの輪を日本全国につなげていくことを目的としたものです。
東京2020組織委員会は、大会2年前の夏、夏祭りの会場からも盛り上げていきます!

関連リンク


東京五輪音頭-2020-
東京五輪音頭-2020-」の振り付けや、歌詞、ミュージックビデオをご紹介します。


東京2020公式ライセンス商品「夏祭りを楽しむアイテム特集」
EXILEのÜSAさんとTETSUYAさん、アスリートの皆さんが着用していた浴衣などの東京2020公式ライセンス商品は、夏祭りや花火など夏のイベントを華やかに彩る新商品となっております。詳細は上記ページからご覧いただけます。