東京2020公認教育プログラム「大学連携 学生のための Rio to Tokyo」開催レポート

11月13日(日)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、「東京2020公認プログラム(教育)」のアクションのひとつとして、「大学連携 学生のためのRio to Tokyo」を上智大学四谷キャンパスにて開催しました。

ステージイベントの第一部では、リオ2016大会を振り返る「Playback Rio!」をテーマに、現地を訪れた筑波大学、上智大学、東京外国語大学、青森大学の学生の皆さんから、リオでの活動内容について報告をしました。大会ボランティアに参加した東京外国語大学の学生の皆さんは、リオで支給されたボランティアユニフォームを着て登場し、「世界各国から集まる様々なバックグラウンドを持った人たちが、1つのチームとなって、ボランティア活動を行うためには、文化の違いを認識する必要がある。チームの一員として、積極的な自己アピールも大事です。」とリオ2016大会の経験を通して得た感想を述べました。イベントに来場された方々は、学生の皆さんが披露した滞在中の様々なエピソードに、感嘆の声を上げていました。

第二部では、東京2020大会に向けて「Go Tokyo!」をテーマに、シンポジウムを実施しました。連携大学からは、リオ2016オリンピック競技大会に出場した大黒田裕芽選手(オリンピアン 7人制ラグビー/立正大学)、小出深冬選手(オリンピアン 7人制ラグビー/東京学芸大学)、三井梨紗子選手(オリンピアン 水泳/シンクロナイズドスイミング/日本大学)が参加し、東京2020大会に向けて今からできること、これからできること、学生ならではの大会までの楽しみ方を、会場と一体となって議論を交わしました。三井さんは「帰国後のパレードでは、こんなに多くの方々に見ていただいたと実感し、本当に嬉しかった。自分一人の力では絶対にメダルは取れない。アスリートの生活は競技が中心で、足りないことだらけです。東京2020大会を大きなものにするためにも、多くの方に関わっていただきたい」と話しました。

また会場入口前では、リオ2016大会のグッズや映像に関する展示が行われたほか、来場された方々がフォトコーナーで記念撮影をしたり、リオ2016オリンピックの聖火リレーで使われたトーチを手に取ったりして、オリンピック・パラリンピックを身近に感じていた様子でした。

本イベントに関する詳細は、今後、大学連携の活動報告ページにて報告する予定です。

イベント出演者と参加者 第一部で発表を行う学生 ボランティアユニフォームを着て発表する学生 大黒田裕芽選手、小出深冬選手、三井梨紗子選手 リオ2016大会について語る三井梨紗子選手