「SAYONARA国立競技場FINAL "FOR THE FUTURE"」

5月31日をもって56年の歴史に幕を閉じた国立競技場。
当日は、「SAYONARA国立競技場FINAL "FOR THE FUTURE"」において、様々なイベントが行われました!

森会長のコメントを下記のとおり発表いたします。

森喜朗 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長

「半世紀もの間、スポーツの聖地として親しまれ、数多くの名勝負や、多くの人々に感動を与え続けてきたここ国立競技場。本日、その歴史的役割を終えるにあたり、長年スポーツに親しんできた私自身、これまでのたくさんの名場面を思い出しました。

ここに集まった多くのファンの皆様とともに、今日一日を通じて国立競技場の素晴らしさ、スポーツの素晴らしさを改めて共有しながら、最後の瞬間まで見届けることができたことを非常にうれしく思います。

さらに、1964年の東京オリンピック開会式にて、日本中を大きな感動と歓喜の声に包んだブルーインパルスが、当時を彷彿させる華麗なフライトを再び披露する様子など、大変感慨深い思いで見ておりました。

6年後の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会では、新国立競技場をメインスタジアムとして、世界中のトップアスリートが集結し、"スポーツの力・価値"を日本のみならず、世界に発信していくものとして、再び皆様とこの場でお会いできることを心より楽しみにしております。

次の世代への新たなレガシーとして、日本の皆さんの総力を結集し、新しい国立競技場を造りあげ、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を成功させたいと思います。」
国立競技場 国立競技場