支持率調査結果について

特定非営利活動法人東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は、第4回東京2020オリンピック・パラリンピック招致支持率調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせいたします。

調査概要

調査方法:電話調査 *IOCによる支持率調査を参考の上、招致委員会として独自に調査。
実施時期:2012年11月22日(木)~12月2日(日)
対象地域:東京23区、多摩地域・島しょ部
調査対象:18歳以上男女
サンプル数:400

参考
IOCによる世論調査(H24/5/24/公表)
・招致委員会による第 1 回調査(H24/7/14~22 調査)
オリンピック開会前

・招致委員会による第 2 回調査(H24/8/18~30 調査)
オリンピック閉会後

・招致委員会による第 3 回調査(H24/10/10~22 調査)
・招致委員会による第 4 回調査(H24/11/22~12/2 調査)
※小数点以下四捨五入

調査結果の解説:()は前回調査結果
・今回調査では「賛成」の合計は、66%(67%)で微減と前回実施した調査とほぼ変わらない安定的な数字を維持する結果となりました。

・「反対」合計は14%(13%)で1%微増となりました。
・「どちらともいえない」は、20%(21%)で 1%微減となりました。

調査結果に対するコメント

今回の結果について、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会としては、ロンドンオリンピック・パラリンピックで活躍した各選手による広報活動等を通じて、引き続き都民の皆様の関心が保たれていると実感しております。一方で、前回、前々回の調査から支持率は一定している状態にあるので、新都知事を迎えて東京招致に向けた更なる気運醸成が必要であると感じています。

IOCによる各都市支持率調査は、来年の1~2月に実施されるものと予想されていますが、2013年1月7日が期限となる立候補ファイル提出を大きな節目と捉え、招致気運を高めておくことが非常に重要であると考えております。

東京 2020 オリンピック・パラリンピック招致委員会では、引き続き国民の皆様と一体となった招致活動を目指して、年末・年始にも様々な PR 活動を予定しています。
招致スローガン