東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダーについて

特定非営利活動法人東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は、「東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダー」(以下「招致アンバサダー」)を下記のとおり発表いたします。

招致アンバサダーは、主として国際プロモーションを目的として招致委員会が任命し、今後、招致活動に積極的にご協力いただきます。

東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダー

定義:
主として国際プロモーションを目的として招致委員会が任命する「親善大使」のことで、招致活動の概要や開催意義の発信などの招致活動への協力を行う。

選任:
・オリンピアン・パラリンピアン
・招致活動への理解と協力姿勢がある方
・招致アンバサダーとしての資質を備えた方
上記の項目を考慮の上、決定

任期:
2013年9月30日(月)まで

活動内容(予定):
・公式行事等でのプレゼンター
・記者会見出席

招致アンバサダー:
・太田 雄貴
(オリンピアン:フェンシング ロンドンオリンピック団体銀メダル・北京オリンピック個人銀メダル)

・澤 穂希
(オリンピアン:サッカー女子 ロンドンオリンピック銀メダル)

・鈴木 孝幸
(パラリンピアン:水泳 ロンドンパラリンピック銅メダル・北京パラリンピック金・銅メダル・アテネパラリンピック銀メダル)

・土田 和歌子
(パラリンピアン:陸上 ロンドンパラリンピック出場・アテネパラリンピック金・銀メダル・シドニーパラリンピック銅メダル/アイススレッジスピードレース 長野パラリンピック金・銀メダル)

・吉田 沙保里
(オリンピアン:レスリング ロンドン・北京・アテネオリンピック金メダル)

※2012年12月21日現在

その他:
・澤選手、鈴木選手、土田選手、吉田選手には、招致アンバサダーとして立候補ファイル記者会見などにご協力いただく予定です。また、澤選手と吉田選手は2013年1月1日(火)の天皇杯(全日本サッカー選手権大会)決勝にて、招致アンバサダーとして招致PR活動にご協力いただく予定です。

・招致アンバサダーを新たに決定した際には順次お知らせいたします。
招致スローガン