授業:オリンピックとボランティア(戸板女子短期大学)

連携大学からの実施報告です。

概要

大学:戸板女子短期大学
日時:2018年12月12日(水)18時10分~19時00分
派遣講師:雜賀 真(JOA会員、元東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 チーフコンプライアンス・オフィサー 総務局長)
参加者数:25名(学生、教職員)

授業

テーマ

オリンピックとボランティア

内容

  • 東京2020オリンピック・パラリンピック招致から決定まで
  • オリンピックの現状と危機的側面
  • 日本のスポーツ界における課題
  • オリンピックボランティアの歴史とロンドン2012大会・リオ2016大会での概要
  • 東京2020大会にむけたボランティアの概要と今後のスケジュール

会場からの質問

  • オリンピックに向けて新たに作った施設は、大会終了後どのように活用されるのか。
  • オリンピックには多くの外国の方が来日するが、その先インバウンドはさらに進んでいくと考えられるか。
  • 2年先の自分の進路は未定だが、ボランティアへの申し込みは可能か。

感想・意見等

短期大学という性質上、現在の1年生でも東京2020オリンピック・パラリンピック開催時にはすでに卒業している。そのような状況において、多くの学生たちがボランティアとして大会に関わりたいと思いながらも応募したものか否かを迷っている中、今回のご講義の日を迎えた。先生からは、ボランティアとは決して誰かに強制されてするものではなく、その時の自分の状況によって考えればよいこと、オリンピック・パラリンピックのボランティアにはそこでしか味わえないさまざまな魅力があることなどをお話をいただき、学生たちのボランティアに対するハードルが一気に下がっていくのが見てとれた。ご講義終了後、早速応募した学生も複数いたようである。
また、ボランティアだけにとどまらず、招致の際の裏話や大会用地準備の大変さなどについてのお話は大変に興味深く、時間の経つのも忘れてしまうほどであった。

講義風景 講義風景