東京2020 NIPPONフェスティバル

オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典だけではなく、文化の祭典でもあります。
東京2020組織委員会は、東京2020参画プログラムの集大成として、2020年4月から大会に向けた機運を最大化し、国内外へ日本の様々な文化をPRするため、「東京2020 NIPPONフェスティバル」を展開します。
「東京2020 NIPPONフェスティバル」は、世界の注目が日本・東京に集まる2020年4月頃から9月にかけて実施される、東京2020大会の公式文化プログラムです。
日本の誇る文化を国内外に強く発信すると共に、共生社会の実現を目指して多様な人々の参加や交流を生み出すことや、文化・芸術活動を通して多くの人々が東京2020大会へ参加できる機会をつくり、大会に向け期待感を高めることを目的としています。

東京2020 NIPPONフェスティバルコンセプト。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、 全国でくり広げられる文化の祭典、それが東京2020 NIPPONフェスティバルです。日本にあらゆる国の人が集う本大会に先駆けて、様々な人と文化が交流する場となるはずです。地方と都市。日本と世界。あらゆる境界を超え、ひとつになるその時。きっと、かつてない文化が生まれるでしょう。きっと、多様性の力と素晴らしさを実感するでしょう。きっと、新たな文化と感動が未来につながってゆくでしょう。その主役は、私たちひとりひとり。そして舞台は、この国のあらゆるまちとまち。日本各地の熱気と多様性の融合から、すべては始まります。東京2020 NIPPONフェスティバル。それは、この国の新たな可能性を開くフェスティバルです。
東京2020 NIPPONフェスティバルコンセプト。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、 全国でくり広げられる文化の祭典、それが東京2020 NIPPONフェスティバルです。日本にあらゆる国の人が集う本大会に先駆けて、様々な人と文化が交流する場となるはずです。地方と都市。日本と世界。あらゆる境界を超え、ひとつになるその時。きっと、かつてない文化が生まれるでしょう。きっと、多様性の力と素晴らしさを実感するでしょう。きっと、新たな文化と感動が未来につながってゆくでしょう。その主役は、私たちひとりひとり。そして舞台は、この国のあらゆるまちとまち。日本各地の熱気と多様性の融合から、すべては始まります。東京2020 NIPPONフェスティバル。それは、この国の新たな可能性を開くフェスティバルです。

フェスティバルマーク

東京2020 NIPPONフェスティバルマーク
東京2020 NIPPONフェスティバルマーク
マーク発表会での野老(ところ)さん
  • 本マークは、大会エンブレムの制作者である野老朝雄(ところ あさお)さんにより開発されました。
  • 大会エンブレムと同じ3種類の四角形を、同じ数組み合わせたマークが描くのは「Harmonized Checker= 調和した市松」です。
  • 多様性の調和により可能性や希望が広がり、東京2020 NIPPONフェスティバルがイノベーティブでアクティブな新しい輝きを起こしていくことが、デザインに込められています 。

東京2020組織委員会が主催する東京NIPPONフェスティバルのプログラム概要

フェスティバルの盛り上がりが全国に波及するよう、東京2020組織委員会においても、東京を中心に大規模な4つの文化プログラムの開催を計画しています。

大会に向けた祝祭感

2020年4月頃(キックオフ)
東西を代表する無形文化遺産・舞台芸術の融合による世界初の舞台を2020年の東京で実現

参加と交流

2020年7月頃(東京2020オリンピック直前)
日本文化を通じて、さまざまな人が交流する場・イベントを創出。・世界の心を一つにするフィナーレ

共生社会の実現

2020年8月頃(東京2020パラリンピック直前)
障がい者やLGBTの人々を含めた多様な個性を持つ人が参画し、街中でさまざまなマートやパフォーマンス活動などを展開

東北復興

2020年5月から7月頃
東北各県と連携し、東北各地・東京を舞台とした文化プログラムを展開。国内外へ東北の現在の姿を発信

TOKYO 2020は、スポーツだけじゃない。

東京2020 NIPPONフェスティバルイメージムービー(別ウィンドウで開く)
(ファイルをダウンロード)第1回東京2020 NIPPONフェスティバル検討ワーキンググループ資料(2017年10月30日)(PDF:2.5 MB) (ファイルをダウンロード)第25回 理事会資料 フェスティバル資料抜粋(2018年3月28日)(PDF:713.6 KB) (ファイルをダウンロード)第6回文化・教育委員会 東京2020 NIPPONフェスティバルの検討状況(2018年7月2日)(PDF:875.7 KB)

オリンピック・パラリンピック競技大会における文化の祭典「文化オリンピアード」

過去大会においても様々な文化プログラム、すなわち「文化オリンピアード」が、開催都市を中心として、大会と共に実施されました。
東京2020組織委員会では、東京2020大会の開催に向け、文化芸術の力で地域を活性化し、若者の参画促進や創造性を育むことで、2020年から先の未来に日本や世界の文化を継承していくことを目指し、東京2020参画プログラムの一環として2016年10月より実施しています。

東京2020参画プログラム特設サイトへ(別ウィンドウで開く)