大会モットー

大会モットーとは

大会モットーとは大会ビジョンを研ぎ澄ましたメッセージで、東京2020大会が世界と共有したいアイデアやコンセプトの本質をとらえたものです。近年のオリンピック・パラリンピックにおいては、競技会場装飾や都市装飾、デジタルメディアで掲出されるなど、重要な役割を果たしています。

過去大会事例

リオ2016大会 <A New World>

リオ2016大会のMotto活用事例
リオ2016大会のMotto活用事例

平昌2018大会 < Passion. Connected. >

平昌2018大会のMotto活用事例
平昌2018大会のMotto活用事例

東京2020大会モットー選定委員会

(2019年6月7日現在)
五十音順

東京都副知事 猪熊 純子
元バレリーナ/俳優 草刈 民代
パラリンピアン(陸上) 土田 和歌子
株式会社小西美術工藝社代表取締役社長 デービッド アトキンソン
歌手/俳優/演出家 夏木 マリ
作家 林 真理子
オリンピアン(競泳)/スポーツジャーナリスト 松田 丈志
オリンピアン(バレーボール)/公益財団法人日本バスケットボール協会会長 三屋 裕子
東京2020組織委員会事務総長 武藤 敏郎

関連ニュース

2019年6月14日
第1回東京2020大会モットー選定委員会の開催について