東京2020パラリンピック聖火リレー

東京2020パラリンピック聖火リレーについては、新しい情報が入り次第、本ウェブサイトでお知らせします。

パラリンピック聖火リレーとは

イギリスのストーク・マンデビルと、開催国内数か所で聖火フェスティバルを行い、開催都市に集火して聖火リレーを行います。
最初のパラリンピック聖火リレーは、1988年ソウルパラリンピック競技大会で実施されました。このリレーのルートは105km、合計282人のランナーがパラリンピック聖火トーチを運びました。 パラリンピック聖火リレーは、パラリンピック聖火は皆のものであり、あらゆる個人・団体・都市のサポートメッセージ(スパーク)が集まって、都市の聖火点灯イベントで炎を灯すエネルギーとなるという発想に基づいて運営されます。
オリンピックからの移行期間中に勢いや興奮を維持し、人々にパラリンピックの精神及び価値を伝える役目を持っています。