チケットのルール

チケット購入を検討中のお客様へ

公式チケット販売チャネルからご購入下さい。

犯罪被害等に遭う恐れがありますので、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)以外から、絶対にチケットを購入しないで下さい。
オークションサイトなどの非公式チャネルには、無効なチケットや偽チケットが出品される恐れがあります。また「東京2020チケット購入・利用規約」等の定めにより非公式チャネルで購入されたチケットでは、会場に入場いただけません。
不正転売や詐欺行為等の被害にあわないよう、十分ご注意下さい。

東京2020組織委員会が指定する公式チケット販売事業者がチケットを販売する場合もございます。

チケットの無断転売は禁止です

複数のIDを取得し、抽選申込を行うことは禁止されています。そうした禁止行為が発覚した場合、申込、当選、購入済のチケットを無効とさせていただく場合があります。またサービスの利用資格を停止する場合があります。

無断転売禁止 Unauthorised Resale Prohibited
公式チケット販売チャネルからの購入のお願い
日本国内の販売 チケットは、公式チケット販売チャネル(公式チケット販売サイト、公式チケット販売所、公式チケット販売事業者)のみでしか販売いたしません。
公式チケット販売チャネル以外からは、絶対にチケットを購入しないで下さい。
海外での販売 各国・地域のNOCまたは公式チケット販売事業者を通じて販売を行います。
販売時期や販売方法は、各国・地域のNOCまたは公式チケット販売事業者にお問い合わせ下さい。

また、2020年春以降は、公式チケット販売サイトからも購入いただける予定です。

各国・地域のNOCまたは公式チケット販売事業者(別ウィンドウで開く)

チケット転売禁止法について

2018年12月に「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」が成立し、2019年6月14日に施行されます。
東京2020大会のチケット不正転売は、法律によって禁止されます。
違反者には1年以下の懲役、または100万円以下の罰金、またはその両方が科されます。

無効なチケットや偽チケットについて

オークションサイトなどの非公式チャネルには、無効なチケットや偽チケットが出品される恐れがあります。
また非公式チャネルで購入されたチケットでは、会場に入場いただけません。不正転売や詐欺行為等の被害にあわないよう、十分ご注意下さい。

来場予定者の登録と本人確認について

購入いただいたチケットは、来場を予定されている方のお名前を事前に登録いただきます。来場予定者が変更になった場合は、マイチケット上から変更下さい。
またチケット券面上には、購入者のお名前を記載させていただきます。
会場では本人の確認をさせていただく場合がありますので、身分証明書等を持参するようにお願いします。
なお、開閉会式の「東京2020みんなで応援チケット」をご購入いただいたグループの皆様は、ご来場者全員の本人確認を実施したのち、グループの皆様揃ってのご入場となります。

公式リセールサービスの設置

リセール出品者(チケットを購入したが、何らかの理由で、観戦できなくなった方)は、公式チケット販売サイト内公式リセールサービスに出品申込を行う 購入者(チケットを購入したい方)は、公式チケット販売サイト内公式リセールサービスに購入申込を行う
  • 2020年春以降からサービス開始予定です。
  • 公式チケット販売サイト以外で、チケットをリセールすることはできません。
    公式チケット販売チャネル以外から、絶対にチケットを購入しないで下さい。
  • 公式リセールサービスに出品されるチケット価格は定価となります。
  • リセールが成立した場合、リセール出品者から成約手数料を頂戴する予定です。
  • 公式リセールサービスの詳細は、決まり次第、本サイト上でお知らせいたします。