山形県山形市(提供木材:山形市のスギ)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

山形市は山形県の東部に位置し、人口約25万人を有する県庁所在都市で、東に蔵王山系、西に出羽丘陵を有し山形盆地を形成しています。また、都市近郊にはなだらかな田園が広がり豊かな自然に囲まれています。中でも山林の面積は市域の約5割を占め、カモシカなどの多様な野生生物を育むとともに最上川に注ぐ須川等の水系を支えています。この度ビレッジプラザに提供させていただく山形市産材は、市有林随一の美林と言われる市西部に位置する市有林板橋の木材です。当市有林は、森林に親しみ、学び、活動する目的で広く開放されている「山形県県民の森」内にあり、標高約600mでスギに適した黒色土Bld(適潤性黒色土)に植栽されています。現在樹齢90年を数え、大径木となっており、長い時を受け継がれてきた木が日本各地の木材と肩を並べて晴れの舞台に立つことを誇らしく思います。東京2020大会を通して多くの方に木の良さを楽しんでいただければと思います。

山形市公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

山形県山形市の風景

提供木材