山形県(提供木材:山形杉)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

山形県は、東北地方の日本海側に位置し、東京から概ね北に300km、山形新幹線で約3時間の距離にあり、「さくらんぼ」と鮮やかな四季で知られています。また、蔵王、月山、鳥海、吾妻、飯豊、朝日と日本百名山に数えられる秀麗な山々に囲まれ、豊かな森林をはじめ美しい自然に恵まれた地域です。
現在、山形県では、地域の豊かな森林資源を「森のエネルギー」「森の恵み」として活かしていく「やまがた森林(モリ)ノミクス」の取組みを推進しており、平成28年12月には「山形県の豊かな森林資源を活用した地域活性化条例」、通称「やまがた森林ノミクス推進条例」を制定したところです。
今回提供させていただく木材は、平成29年7月にSGEC森林管理認証を取得した真室川県有林の樹齢80~85年生の山形杉です。真室川県営林は大径木生産を目標とした付加価値を高める施業により今まさに利用期を迎えています。東北日本海側特有の厳しい自然の中で育まれた山形杉で東京2020オリンピック・パラリンピックを応援します。

山形県公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

山形県の風景

提供木材