神奈川県相模原市(提供木材:津久井産材)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

相模原市は、神奈川県北西部の東京都心から概ね30キロメートル圏内にあり、多様な都市機能やJAXA(宇宙航空研究開発機構)などの先進的な施設を持つ一方で、首都圏最大級の宮ケ瀬湖や、丹沢山、陣馬山など、豊かな水と自然環境を併せ持つ、潤いと活気に満ちた「潤水都市」です。
製造業が集積する国内有数の内陸工業都市として発展してきた本市は、首都圏南西部における「広域交流拠点都市」として、圏央道やリニア中央新幹線神奈川駅の整備などによる交通利便性の飛躍的な向上を生かした、ロボット産業を中心とする新たな産業の創出、様々な産業の連携・交流による持続的発展に取り組んでいます。
この度、提供する「津久井産材」は、本市西部の津久井地域で産出した木材で、「神奈川の屋根」と呼ばれる丹沢山地北側の比較的寒冷な気候で育った、緻密で虫食いのない良材です。

神奈川県相模原市公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

神奈川県相模原市の風景

提供木材