岡山県(提供木材:美作材、CLT)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

岡山県は晴れの日が多く、温暖で災害が少なく、また、白桃などのうまいものが多い「晴れの国」です。
県土の約70%が森林に覆われ、「晴れの国」の穏やかな気候の下、スギやヒノキの人工林などの森林が育っており、古くから優良木材の生産が盛んに行われ、ヒノキの素材生産量は平成24年から日本一を誇っています。
特に、美作地域を中心とした県北地域は、スギ・ヒノキを中心とした豊富な森林資源を背景に、原木市場、製品市場が整備され、西日本有数の木材加工・流通拠点を形成しており、平成28年に全国初となるCLTの量産工場が稼働するなど、中国地方でも有数の木材産地として知られています。
この地域の製材工場のほとんどが国産材専門の工場で、高い技術力の下で、ヒノキの柱からスギの床板まで、幅広い種類の製材品を生産・加工しており、この地域で加工された製材品は古くから美作材(みまさかざい)と呼ばれ、広く全国に流通し高い評価を得ており、岡山県産の製材品の代名詞となっています。

岡山県公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

岡山県の風景

提供木材