長崎県(提供木材:ヒノキ)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

美しい自然と豊富な観光資源に恵まれた長崎県。多くの離島を有し、県の総面積の45.5%は「しま」で、海岸線の長さは全国2位と海に囲まれた県です。
2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」や2018年の登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」など海外との交流によって培われた特色ある歴史や文化、自然豊かな景勝地など、見どころがいっぱいです。
また、長崎は古くから食材の宝庫でもあり、多彩な海の幸や全国日本一に輝いた長崎和牛、ジャガイモやアスパラ、びわなど農産物など多彩な食材、食文化に恵まれています。
県の総土地面積のうち約6割が森林ですが、戦後、ヒノキの拡大造林を進めたことからヒノキ林の面積がスギ林の面積の約2倍に達しています。長崎県では材質が硬く、香りが高い良質なヒノキ材の生産が盛んです。

長崎県公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

長崎県の風景

提供木材