新潟県村上市(提供木材:村上市産杉)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

村上市は新潟県の北端に位置し、面積は約1,174.26平方キロメートルと、県下最大の面積の中に豊かな自然と歴史・文化が色濃く残り、特色あるまち並みが形成されています。
総延長約50キロメートルにもおよぶ海岸線には夏場に多くの観光客が訪れ、平野部では主に岩船産コシヒカリを生産する水田が広がっており、市の基幹産業である農業を支える食糧生産地帯となっています。また、市内を流れる三面川には秋になると沢山の鮭が銀鱗をおどらせます。平安時代から鮭が特産として知られ、世界に知られる鮭文化を築いてきました。
当市の森林面積は約99,988ヘクタールで85.2%の林野率となっており、素材生産量は県全体の約半数を占めるなど、県内有数の木材生産地となっています。夏は蒸し暑く冬は雪が多く降る日本海型特有の四季の移り変わりがはっきりしている気候は、木の成長にとっては過酷な環境であり、他の地域に比べて成長が遅いのですが、その分年輪がつまって、しなやかで強い木を育みます。

新潟県村上市公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

新潟県村上市の風景

提供木材