北海道紋別市(提供木材:緑の循環森林認証制度(SGEC)を取得したトドマツ)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

紋別市は、北海道の東部、オホ-ツク海沿岸のほぼ中央に位置し、夏は涼しく、冬は流氷が押し寄せる、四季の変化に富んだまちです。
基幹産業は、この豊かな自然の恵みを背景とした水産業、林業、酪農業の第一次産業が盛んですが、流氷をはじめとする観光にも力を入れております。
当市では、平成15年より、まちを挙げて森林認証(SGEC)の取組を進めてきましたが、この取組は、当市周辺の町村にも拡がり、現在では、国有林・民有林合わせて32万5千ヘクタールを有する日本一の森林認証地帯を形成しているところであり、環境に配慮した森林の持続的な循環利用を推進しております。
「トドマツ」は、北海道を代表する樹種で、木肌は白く、強度の割に軽いため、施工しやすいのが特徴です。

紋別市公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

北海道紋別市の風景

提供木材