宮崎県(提供木材:みやざきスギ)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

九州山地の南東部、南北約400キロメートルの日向灘に面した宮崎県は、霧島錦江湾国立公園、日南海岸国定公園など、多くの自然公園に囲まれており、温暖な気候を活かしたきゅうり、ピーマンなどの農産物や宮崎牛をはじめとする畜産物のトップクラスの産地で、プロ野球やJリーグのキャンプ地としても有名です。
宮崎県の森林は、県土の約76%を占め、温暖な気候のもと、緑豊かな自然環境に恵まれており、先人によるたゆまぬ林業生産活動によって適切に維持・管理されてきた結果、林産物の供給はもとより、きれいな水を貯え、土砂災害や洪水から私たちの生命や財産を守るなど、多面的な役割を果たしています。
特に、スギの素材生産量186万立方メートルは、平成3年から26年連続日本一を誇っております。
今回、この選手村ビレッジプラザへのみやざきスギの提供を契機に、宮崎県の林業・木材産業が日本のトップランナーとしての役割を果たしながら、豊かな森林資源を次世代に引き継いでいく取組がさらに進むことを期待しています。

宮崎県公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

宮崎県の風景

提供木材