高知県香美市(提供木材:杉)

東京2020大会へのエール

大会へのエール

香美市はアンパンマンの生みの親、故やなせたかし氏の故郷です。高知県北東部に位置し、全国の主要都市とつながる高知龍馬空港から車で約15分という交通至便な立地条件にありますが、市域全体の約88%が山林(半分以上が民有の人工林)で占められている緑豊かなまちです。地域を貫流する物部川を活用した林業が、300年以上も前の土佐藩の時代から盛んに行われてきました。
当市では森林組合を主体とした森林施業の集約化が早くから行われており、計画的な施業によって生産された木材は年輪の密度が高く、硬く良質な材として定評があります。また芯材部の色も特徴的で、ヒノキは淡い桃色、スギはあざやかな赤みの美しさが知られています。ともに適度な油脂分を含み耐水性に優れ、耐久性、視覚性と併せ3拍子揃った良材です。

香美市公式ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

高知県香美市の風景

提供木材