新宿区 新宿「みどりのカーテン」プロジェクト

活動名

新宿「みどりのカーテン」プロジェクト

活動概要

新宿区では、地球温暖化やヒートアイランド対策の一環として区民や区有施設に対し、ゴーヤやアサガオを使ったみどりのカーテンの作成を呼びかけCO2削減・吸収活動を行っています。
今年度は「東京2020大会における市民によるCO2削減・吸収活動」に参加し、プロジェクト参加者に対し、東京2020大会を応援する旨を記載した育成プレートの配布を行います。

CO2削減・吸収合計量(予定)

44.9 [t-CO2]

活動日時

2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)

活動場所

新宿区 区内(東京都)

参加予定人数

500人~3000人

活動実施にあたっての意気込み

「みどりのカーテン」とは、つる性の植物を窓の外に這わせて日差しをやわらげる自然のカーテンのことで、植物によるCO2吸収効果のほか、室温の上昇を抑えることで冷房の使用抑制によるエネルギーの節約によるCO2の削減効果など、地球温暖化対策に繋がります。
この「みどりのカーテン」の普及を進めるプロジェクトの目的が今回の「東京2020大会における市民によるCO2削減・吸収活動」の趣旨と一致していることから、活動に参加したいと考えています。
東京2020参画プログラムに持続可能な事業として参加し、「みどりのカーテン」の一層の普及に努めてまいります。

主催者または申請者

新宿区・環境学習情報センター(特定非営利活動法人 新宿環境活動ネット)

URL

https://www.shinjuku-ecocenter.jp/project/project_cate/midori_curtain/(別ウィンドウで開く)