東京海上日動火災保険株式会社

東京海上日動火災保険株式会社

カーボン・ニュートラルの達成

東京海上グループでは、グループ全体(国内・海外)の環境負荷削減とカーボン・ニュートラル実現に向け、(1)省エネ・エネルギー効率化、(2)マングローブ植林によるCO2吸収・固定、(3)グリーン電力等の自然エネルギーの利用、(4)カーボン・クレジット(排出権)の償却を推進しています。
2015年度のグループ全体(主要グループ会社)の事業活動により生じるCO2排出量(スコープ1+2+3(航空機出張))を、マングローブ植林および自然エネルギー利用によるCO2固定・削減効果で相殺し、2013年度から3年連続で「カーボン・ニュートラル」を実現しました。
なお、東京海上日動は、2009年度以降毎年国内の事業活動において「カーボン・ニュートラル」を実現しています。

Green Gift(別ウィンドウで開く)
マングローブ写真