株式会社リクルート

株式会社リクルート

持続可能な発展に向けたリクルートの取り組み

リクルートは、「事業で社会に貢献する」をサステナビリティの中心に置き、「働き方の進化」「機会格差の解消」「多様性の尊重」「人権の尊重」「環境の保全」という5つの重点テーマを定めています。
「機会格差の解消」では2011年より働きたくても働けない若者や大学生向けに無料の就職応援プログラムを実施しています。2016年よりタイやベトナムなどアジアの学生や出産や子育てを機に退職したママ向け、少年院を出院する若者、高校卒業の若者向けにもこのプログラムを実施しています。「環境の保全」においては2020年のCO2削減目標を定めるなど気候変動、資源の保全、生物多様性保全に積極的に取り組んでいます。

サステナビリティ(別ウィンドウで開く)

持続可能な発展に向けたリクルートの取り組み