株式会社毎日新聞社

株式会社毎日新聞社

MOTTAINAIキャンペーン

MOTTAINAIを世界の共通語にしていき、循環型社会と持続可能性社会実現を目指す

環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさん。マータイさんが、2005年の来日の際に感銘を受けたのが「もったいない」という日本語でした。
環境 3R + Respect = もったいない
Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)という環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでなく、かけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉、「もったいない」。
マータイさんはこの美しい日本語を、環境を守る世界共通語「MOTTAINAI」として広めることを提唱しました。
こうしてスタートしたMOTTAINAIキャンペーンは、 地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、 持続可能な循環型社会の構築を目指す世界的な活動として展開しています。
日本から生まれた「もったいない」が今、 世界をつなげるアイコトバ、「MOTTAINAI」へ。

「もったいない」2020へ(別ウィンドウで開く)
毎日新聞社の取り組み