コカ・コーラ

コカ・コーラ

コカ・コーラ社の清涼飲料は、環境への「やさしさ」でできています。

「持続可能な」農業を実現するお茶製品の原材料づくり。

日本でのコカ・コーラビジネスは1957年にガラスびんのコカ・コーラ1製品からスタートしました。その後、過去60年間にわたり拡大し続けたコカ・コーラ社のポートフォリオと歩調を合わせて、原材料づくりも進化してきました。日本国内、そして世界においても、農家の労働環境や原材料の安心・安全が重要視されるようになる中で、コカ・コーラ社は、2013年に「持続可能な農業」を宣言。製品の6割に農産物原料を使用している日本から、持続可能な農業を実現するための大きな取り組みが始まりました。
実際に原材料づくりに携わる茶葉農家の方が、コカ・コーラが独自に制定した品質基準「SAGP」に取り組むことで気づかれたことと今後の無糖茶市場への期待について語っています。

Coca-Cola Sustainability(別ウィンドウで開く)
コカ・コーラ取り組み事例