Sports for Climate Action Frameworkへの参加

2018年12月、ポーランドのカトヴィツェで開催された気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)において、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の取り組みの一環として、「Sports for Climate Action Framework」という国際的枠組みが発足し、東京2020組織委員は、発足時から、この枠組みに参加することとなりました。

この枠組みは、気候変動がスポーツに与える影響の強さ、スポーツイベントの実施などが環境へ与えるインパクトの大きさ、スポーツそのものへの人々の関心の強さから、スポーツに関わる気候変動対策の重要性を示し、気候変動対策に向けて協同で貢献していくものです。

また、枠組みでは、気候変動対策に関するパリ協定や持続可能な世界を実現するための国際目標SDGs(持続可能な開発目標)に対して、スポーツを通じて貢献することも目指しています。

COPでの枠組み発表の様子

枠組み発表時のパネルディスカッション

「Sports for Climate Action Framework」参加団体の 5 つの原則

  • 計画的に環境対策に取り組む
  • 総合的な気候変動対策を実施する
  • 気候変動対策に関する普及啓発を行う
  • 持続可能な選択を推進する
  • ステークホルダーと協力し気候変動対策を推進する

東京2020組織委員会の取組とレガシーへの貢献

「Sports for Climate Action Framework」の考えは、東京2020 組織委員会の考えに合致するものです。

東京2020 組織委員会は、これまで「持続可能性に配慮した運営計画」を策定し、「Be better, together/より良い未来へ、ともに進もう。」を大会の持続可能性コンセプトとして掲げ、気候変動分野に関しては、目標として「Towards Zero Carbon」を掲げています。

この目標に向けて、大会の会場整備においては、既存会場の活用や省エネルギー化、大会運営においては、再生可能エネルギー電力の利用等、気候変動対策に向けたさまざまな取り組みを進めています。

今回の「Sports for Climate Action Framework」の5つの原則に適合する取り組みを進めていくことで、東京2020大会における気候変動対策を推進していくとともに、東京2020大会のレガシーとして、後世のスポーツイベントやスポーツに関わる組織における気候変動対策の取り組みへと繋げていくことを目指していきます。

また、今回の枠組みには、国際オリンピック委員会(IOC)、パリ2024組織委員会など他のスポーツ団体も参加をしました。国内外の参加団体と連携を図り、スポーツにおける気候変動対策の取組を進めていきます。