ボート

ボート

ボートのピクトグラム

オリンピック競技

ボート

水面に描かれる美しい航跡。究極のチームワークで一直線にゴールを目指す。

競技概要

ボート競技は、水上の直線コースでオールを使ってボートを漕ぎ、順位を競う競技。カヌーと逆で、進行方向に背中を向けて漕ぐ。ボートに足を固定し、レール上に設置されたシートが前後に動き、主に脚力を使って進む。オリンピックでは2,000メートルで行われる。

シングルスカルを除き、2人以上のチームで行うため1人1人の能力も必要だが、何よりチームワークが求められる。全員の息がぴったりと合ったときの美しさは、まさにボート観戦の醍醐味といえる。

オリンピックでは歴史が古く、第2回パリ1900大会から実施されており、女子はモントリオール1976大会から行われている。

種目は大きく分けてスカルとスウィープの2つの種類がある。スカルはオールを右手と左手に1本ずつ、合わせて2本持って漕ぐ競技。一方スウィープはオールを1人1本ずつ持って漕ぐ競技だ。

漕ぎ手の人数で分けると、スカルにはシングル(1人)、ダブル(2人)、クオドルプル(4人)の3種類があり、スウィープにはペア(2人)、フォア(4人)エイト(8人)の3種類がある。オリンピックでは、スウィープの「エイト」のみ漕手8人のほかに舵手(コックス)が乗る。また、種目により体重制限の設けられた「軽量級」がある。軽量級は、男子の漕手各人が72.5kg以下で平均体重が70.0kg以下、女子は漕手各人が59.0kg以下で平均体重が57.0kg以下となっている。

東京2020大会からは男女の種目数が同じ7種目ずつになることが決定している。軽量級があるのはダブルスカルだけになり、男子にあった軽量級舵手なしフォアがなくなる。また、女子に舵手なしフォアが新たに加わる。

種目

  • シングルスカル(男子/女子)
  • 舵手なしペア(男子/女子)
  • ダブルスカル(男子/女子)
  • 舵手なしフォア(男子/女子)
  • クオドルプルスカル(男子/女子)
  • エイト(男子/女子)
  • 軽量級ダブルスカル(男子/女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

静かに、そして力強いリズムで真っすぐに進むボート スタートからフィニッシュまで目が離せない

ボートの選手

ボート競技は、スタートからフィニッシュまで、艇がいかに速くたどり着くかを競うシンプルな競技。しかし、実は奥が深く、魅力、見どころは多い。

まずは鏡のように静かで穏やかな水面を滑るように進むスピード感。人間の力だけでこんなに速く進むのかと驚かされる速さだ。また、自然の中で競技する心地よさや開放感は見ている人にも伝わってくる。そして2人以上の種目では一糸乱れぬチームワークが魅力だ。全員が完全にシンクロした統一感は圧巻。エイトでは、唯一前を向いて状況を判断し、レース戦略やスパートのタイミングを指示する舵手の駆け引きも見ものである。

順に観戦ポイントを見ていこう。まずはスタート。固定されたスタートポンツーン(桟橋)に船尾をつけ、合図とともに一斉に飛び出す。序盤では各艇とも高いピッチで力を爆発させ、一気にトップスピードまでもっていく。ここではボートが加速する迫力や選手の熱気が伝わってくる。

中盤では各艇の特徴や戦略が見えてくる。序盤のスピードを維持すると体力が続かなくなるので、体力を温存しながら最大のスピードを出すための無駄のないリズミカルな動きとなる。エイトではコックスがほかの艇の位置や動きを見てペース配分を指示する重要な場面。勝負所でスパートを仕掛けることもある。各艇の駆け引きが見ものだ。

終盤になると、一気にスピードが上がる。気力、体力を振り絞ってのデッドヒートが繰り広げられるラストスパートだ。そして固唾を飲んで皆が見守るゴールでは、100分の1秒の差が勝敗を分ける。白熱したレースは最後まで一瞬も目が離せない。

エイトなどチーム種目が多い中、1人で漕ぐシングルスカルにも注目したい。バランスを保ち、まっすぐに進むのが難しいといわれる種目なので選手のテクニックをよく見よう。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

欧米勢の牙城を崩せるか?6連覇や4連覇をかけた試合にも注目

ボートの選手

ボートは欧米で人気があり競技人口も多い。アメリカ、イギリスも強いが、強豪国の筆頭はドイツだ。過去に獲得したメダル数では、東ドイツ、西ドイツ時代を加えるとドイツが100個を超えてトップ。リオデジャネイロ2016大会でも男女ともにクオドルプルスカルで優勝した。ほかに男子エイトでも銀メダルを獲得。男子クオドルプルスカルは2連覇だ。

男子は国によって得意種目がある。イギリスは舵手なしフォアでは、シドニー2000大会から5連覇という偉業を成し遂げた。2位につくオーストラリアは3回連続銀メダルを獲得している。舵手なしペアとなるとオーストラリアの2連覇後、ニュージーランドが2連覇している。

ボートの花形エイトは毎大会熾烈な戦いを繰り広げている。アテネ2004大会から、アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリスの順に勝っており、連覇は難しい。

女子は近年、ドイツ以上にイギリスが強い。リオデジャネイロ2016大会では舵手なしペアで金、エイトとダブルスカルで銀メダルを獲得した。ロンドン2012大会でも3人の金メダリストを輩出している。アメリカも強豪国。エイトでは3連覇を果たしている。

東京2020大会ではイギリスの6連覇がかかった男子舵手なしフォアが注目種目だ。3連続2位のオーストラリアはじめ他国が阻止できるか。またアメリカの4連覇がかかった女子エイトにも期待したい。

女子の新種目、舵手なしフォアでどの国が初の金メダルを獲得するかも見ものだ。
欧米勢以外では、近年力をつけてきた中国や南アフリカなどにも期待したい。

<日本>
日本ではローイング、漕艇、端艇、競漕などとよばれるボート競技の人口は、欧米に比べると少ない。残念ながらオリンピックのボート競技でメダルを獲ったことはなく、最高で6位だ。
ただ、大学でのボート競技は盛んで、多くの大学にボート部があり、伝統的な対校戦も少なくないため、観戦スポーツとして根強いファンがいることも確かだ。また、高校においても、全国47都道府県の高校にボート部があり、国体予選には全都道府県から参加している。
これまでのオリンピックでの日本の出場種目の多くは軽量級ダブルスカル。アテネ2004大会以降、それ以外で出場したのはロンドン2012大会女子シングルスカルでの榊原春奈のみだ。前年度の世界選手権で各国の種目ごとの出場枠が決まるが、他の種目はなかなか出場枠を得られないでいる。
まずは2019年に行われる世界選手権に注目し、複数の種目で出場枠を得られる活躍を期待しよう。
代表選手としては、リオデジャネイロ2016大会男子軽量級ダブルスカルに出場した中野紘志、大元英照、女子軽量級ダブルスカルの冨田千愛、大石綾美の他、1997年生まれの若手、高島美晴も有望だ。日本ボート協会では新人育成に力を入れていて、高校生、中学生も強化合宿に参加している。東京2020大会までに力をつけてくれることを期待したい。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

パリ1900大会のボート競技、舵手つきペアで優勝したオランダチームの中にいた1人の選手が、オリンピック史上最年少金メダリストといわれている。だが、名前はわかっていない。それはどうしてか?

Answer

A:このオランダチームは、本来のコックスの体重が重すぎたため、急きょ、近くにいた7~10歳くらいの少年をコックス役としてボートに乗せて優勝した。
しかし、この少年は試合終了後すぐに会場から立ち去ってしまい、名前は分からないままである。メダルも受け取っていない。

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧