ホッケー

ホッケー

ホッケーのピクトグラム

オリンピック競技

ホッケー

冴えわたるスティックワーク。高速のシュートがゴールをつらぬく。

競技概要

縦91.4メートル、横55メートルのフィールド上で、ゴールキーパー1名を含む1チーム11名の選手からなる2チームが対戦し直径7.5cmのボールを相手チームが守るゴールへ入れて得点を競う球技。各15分の4クオーター制 (計60分)で実施され、より多く得点したチームが勝者となる。同点の場合は相手ゴールキーパーと攻撃選手の1対1の8秒間の攻防を行うシュートアウト戦により勝者を決定する。

ゴールキーパー以外は、手足でボールに触ることができず、スティックの片面のみでボールをコントロールする。スティックはカーボン製で長さは約90センチメートル。ボールは野球の硬球とほぼ同じ大きさ・重さのプラスチック製。

オリンピックではロンドン1908大会から正式種目となり、モスクワ1980大会より女子ホッケーも採用されている。

種目

  • ホッケー(男子/女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

スティックワークの妙技。一瞬で入れ替わる攻守。スピーディーでスリリングなゲーム展開を楽しもう。

ホッケーの選手

ホッケーの最大の特徴は、サークル(シューティングサークル)と呼ばれるゴール前の半円のシュートゾーンの中から打ったシュートのみが得点とみなされることにある。したがって、サークル内のせめぎ合いや駆け引きが大きな見どころとなる。攻撃側は、ドリブルやパスを使って相手ディフェンスの網をいかにくぐり抜けてサークル内にボールを持ち込み、シュートを打って得点につなげるか。守備側は、それをどう防ぎ、失点を最小限に食い止めるかが勝敗のカギを握る。各プレーヤーのスティックワークの妙技、また守備から一瞬にして攻撃に入れ替わる展開とチームプレーが、ホッケー最大の魅力といえる。

そして、サッカーのようなオフサイドがないことも特徴の一つだ。1996年のルール改正によってオフサイドが廃止されたことで、得点の入る確率が高まり、よりスピーディーでスリリングなゲーム展開が楽しめるようになった。

ホッケーでは選手の交代は何度でも自由に行えるため、交代のタイミングが試合の行方を左右する。試合の流れや、どの選手の運動量が落ちているかなどを読みながら観戦すると、試合への理解が一層深まり、楽しさも増すだろう。

なおモントリオール1976大会から、オリンピックの試合は人工芝のフィールドで行われるようになった。転倒した際、摩擦によるやけどを防ぐため、人工芝に散水してプレーをする。人工芝フィールドでの試合実施によって、球速が速くなり、プレーヤーのスピードや体力、技術などが、より高いレベルで要求されるようになった。エキサイティングなスポーツへと劇的な進化を遂げたホッケーは、観戦する側も熱くする。

なおシュート時のボールのスピードは、世界のトッププレーヤーともなると時速200キロメートル以上に達することもある。新幹線並みの速さなので、見逃さないよう気をつけたい。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

安定した強さのオランダ、ドイツ、オーストラリア 目立つアルゼンチンの台頭

ホッケーのゴールキーパー

近代ホッケーは、19世紀半ば、イギリスのクリケット選手たちが、試合のできない冬場に始めたのが起源とされている。したがって発祥の地であるイギリスをはじめ、主にインドやパキスタン、アフリカ諸国、オーストラリアなどで広まり、盛んなスポーツになった。またヨーロッパ各国でも人気があり、オランダやドイツも強豪国として知られている。

初めてオリンピックに採用されたロンドン1908大会では、イングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、ドイツ、フランスの6つの国・地域が参加し、イングランドが初代金メダルを獲得した。過去のオリンピックで最も多くの金メダルを獲得したのはインドで8個。次いで5個のオランダ、4個のオーストラリア・イギリス・ドイツと続いている。

近年ではオランダやドイツの活躍が目立っており、オランダ男子チームはアトランタ1996大会とシドニー2000大会、ドイツ男子チームは北京2008大会とロンドン2012大会を、それぞれ連覇している。

リオデジャネイロ2016大会では、アルゼンチン男子チームが、オリンピック初のメダルにして金メダルを獲得するという、新しい風が吹いた。アルゼンチンは女子チームも、ロンドン2012大会で銀メダルを獲得するなど、台頭著しい。

FIH(国際ホッケー連盟)の現在のランキングで、男子のトップ3はオーストラリア、アルゼンチン、ベルギー。女子のトップ3はオランダ、イングランド、アルゼンチンとなっている。アジアの国々は苦戦を強いられているのが実情である。

<日本>
男子「サムライジャパン」は、ロサンゼルス1932大会で銀メダルを獲得しているが、メキシコシティー1968大会の13位を最後に、出場の機会を得られていない。6年前に代表ヘッドコーチを務めていたシギ・アイクマン氏(オランダ)が、2017年再度就任し、豊富な運動量と攻守にわたる組織力を武器に、東京2020大会に向けて強化に励んでいる。
「さくらジャパン」の愛称を持つ女子日本代表は、アテネ2004大会から4大会連続出場を果たし、アテネでは8位に入賞。リオデジャネイロ2016大会では、善戦するも9位だった。女子の世界ランキングは11位(2017年10月)。2017年からロンドン2012大会不出場だったカナダ男子チームをリオデジャネイロ2016大会出場に導いたアンソニー・ファリー氏(オーストラリア)がヘッドコーチに就任し東京2020大会ではメダル獲得を目指す。なお、さくらをイメージした鮮やかなピンク色の日本代表チームのユニフォーム姿は一見の価値あり。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

ホッケーで審判が示すカードは、イエローカード、レッドカードのほかに、もう1種類がある。その意味と色は?

Answer

A:「警告」を表すグリーンカード。
グリーンカードは警告を意味し、2分間の一時退場処分となる。イエローカードは5分間以上の一時退場処分、レッドカードは、サッカーと同様、即時退場を意味する。

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧