フェンシング

フェンシング

フェンシングのピクトグラム

オリンピック競技

フェンシング

最速の剣士による刹那の勝負 一瞬の隙を狙い撃て。

競技概要

フェンシングは、2人の選手が向かい合い、片手に持った剣で互いの有効面を攻防する競技。種目はフルーレ、エペ、サーブルの3種目がある。使用する剣の形状や、得点となる有効面、優先権の有無などが種目ごとに異なっており、ピストと呼ばれる伝導性パネルの上で行われる。

試合は、男子・女子それぞれ個人戦と団体戦が実施される。個人戦トーナメントでは、3分×3セットのうち、15点先取した選手か、または試合終了時により得点を多く取った選手が勝利となる。団体戦は1チーム3名(+1名の交代選手)による総当たり戦で、3分×9セットのうち、45点先取したチームか、または試合終了時により得点を多く取ったチームが勝利となる。

オリンピックでは、フェンシング競技は第1回アテネ1896大会で男子フルーレ個人と男子サーブル個人が採用されて以来、各大会において欠かすことなく実施されている。女子種目としてはパリ1924大会から女子フルーレ個人、アトランタ1996大会から女子エペ個人、アテネ2004大会から女子サーブル個人が実施されている。東京2020大会では、フルーレ、エペ、サーブルの3種目において、男女とも個人・団体の全12種目が実施される。

種目

  • フルーレ個人(男子/女子)
  • エペ個人(男子/女子)
  • サーブル個人(男子/女子)
  • フルーレ団体(男子/女子)
  • エペ団体(男子/女子)
  • サーブル団体(男子/女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

精密な技の応酬や瞬時の駆け引き、華麗な剣さばきに注目

フェンシングの試合

フェンシングの魅力は、両選手が繰り広げる精密な技の応酬と瞬時の駆け引きにある。間合いを詰めた接近戦での華麗な剣さばきが見どころだ。照明が落とされた試合場で繰り広げられる激しい攻防は、瞬きも許されないほどの緊迫感に満ちている。

フルーレ、エペ、サーブルの相違点の一つは、得点となるターゲットの範囲、つまり「有効面」だ。フルーレは背中を含む胴体、エペは全身、サーブルは頭や両腕を含む上半身が有効面となっている。判定には電気審判機が用いられ、一方または両方の選手が有効面に突きや斬りを決めた場合、審判機に赤色や緑色のランプが点灯する。

そしてフルーレとサーブルには「優先権」というルールがある。先に腕を伸ばして剣先を相手に向けたり、先に前進したり、剣を叩いたりした選手が優先権を獲得する。対戦相手は相手の剣を払ったり、叩き返したりして優先権を奪い返すことができ、すかさず反撃に転じる。この優先権の奪い合いを魅力とするフルーレ・サーブルに対し、エペには優先権というルールはない。全身が有効面であり、対戦相手のどこにでも先に突けば得点となる単純明快さが大いなる魅力だ。両者同時に突いた場合は、双方に得点が入る。頭の天辺から足の裏までが的であるため、意表をついて足先を突くといった、変化に富む試合が展開される。

さらにフルーレとエペは「突き」だけが得点となるが、サーブルでは「突き」に加えて剣身で触れる「斬り」の動作も得点となる。フルーレ・エペの精度の高い剣さばきに加え、サーブルの斬る動作を含んだ剣さばきは豪快さが感じられる。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

伝統と実績を誇る強国イタリア、フランス、ロシアに、成長著しいアメリカ、中国、韓国が迫る

フェンシングの試合

フェンシングの原型は、ヨーロッパで発祥し、発達した剣術だ。アン・ギャルド(構え)、アレ(始め)などの審判用語をはじめ、公用語としてはフランス語が使われている。当然ながらヨーロッパの競技人口は多く、特にフランスとイタリアは伝統と実績を積み重ねている。ロシア、ハンガリーといったヨーロッパ諸国も歴史に刻まれる選手を多く輩出している。

 しかし近年、アメリカの選手たちがオリンピックや世界選手権で着実に結果を残しており、リオ2016大会を契機として中南米大陸の活躍も注目されている。アジア・オセアニアもヨーロッパに次ぐ加盟国を誇り、世界レベルの大会で上位にランクインされる選手が出てきている。追ってアフリカ諸国からの参加も見え始め、ヨーロッパ主流のスポーツからユニバーサリティを重視するスポーツへと進化し始めている。

フェンシングには、高身長を生かして遠い間合いからの攻撃を得意とする選手もいれば、スピードやタイミングを駆使して近い間合いでの戦いを得意とする選手もいる。伝統的なフェンシングスタイルを繰り広げる選手や、革新的なフェンシングスタイルを生み出す選手たちと、東京2020大会では、独特な個性や特性を持ち合わせた選手たちが、フェンシングの新たな境地を織りなしてくれそうだ。

<日本>
日本でフェンシングが一躍脚光を浴びたきっかけは、北京2008大会・フルーレ個人で太田雄貴が銀メダルを獲得し、日本フェンシング界初のオリンピックメダリストとなったことだ。また男子フルーレ団体は、ロンドン2012大会では銀メダルを獲得した。かつて東京1964大会では4位入賞を果たしている。女子は、北京2008大会・フルーレ個人で、菅原智恵子が7位に入賞している。
日本ではフルーレが主流ではあるが、ジュニア(17~20歳)やカデ(13~17歳)世代のエペ、サーブルの育成や強化に取り組んできた結果、3種目とも競技レベルが徐々に向上してきている。2020年の活躍が見込める、いわゆる東京世代の選手も実績を残し始めており、新たなスター選手の登場に期待が高まる。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

フェンシングの種目はエペ、サーブル、フルーレの3種目あるが、剣やマスクは全て同じか。

Answer

A:異なる。
剣やマスクは種目ごとに異なるため、種目間で使い回しはできない。

(2018年12月1日現在)

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧