バドミントン

バドミントン

バドミントンのピクトグラム

オリンピック競技

バドミントン

ショット初速は球技最速。多彩なショットで相手の裏を鋭く狙い撃つ。

競技概要

バドミントンは、1人対1人、または2人対2人で、ラケットを使ってネット越しにシャトルを打ち合い、得点を競うゲーム。オリンピックではバルセロナ1992大会から正式競技となり、男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスが行われている。バドミントンが他のネットスポーツと決定的に違うのは、丸いボールではなくはシャトルというまったく形の違うものを使うこと。シャトルとは、半球状のコルクに水鳥などの羽根を接着剤などで固定したもの。ラケットで打った瞬間の初速は、あらゆる球技の中で最も速いが、空気抵抗を大きく受けるため、初速と相手コートに届くときの終速は著しく違う。そのシャトルの特性により、バドミントンはストロークの種類が多く、ラリーがスピードや変化に富んでいることが特徴だ。

種目

  • シングルス(男子/女子)
  • ダブルス(男子/女子/混合)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

ショットは多彩。スピードと変化を楽しみたい

バドミントンの試合

バドミントンの試合はすべて2ゲーム先取の3ゲームマッチで、各ゲーム21点を先取したほうが勝ち。20点オールになったときは2点差がつくまで続く。ただし29点オールになった場合には、30点目を得点したほうがそのゲームの勝者となる。

シングルスではそれぞれ3~4人の16のグループに分かれて総当たりのリーグ戦が行われ、各グループで1位になった選手が決勝トーナメントに進む。

ダブルスでは4人ずつの4つのグループに分かれてリーグ戦が行われ、それぞれの上位2人が決勝トーナメントに進む。

バドミントンの試合で強打されるスマッシュは、手元に届いた時にもかなりのスピードが残っているが、ヘアピンとよばれるネットプレーやドロップショットでは一瞬にして速度が落ちる。ラケットの握り方や力の入れ方、角度のつけ方などにより、緩急の差に加えさまざまな変化が生まれ、多彩なショットの打ち分けにつながるのだ。

一流選手は、ここに打ったらここに返ってくる、と2手、3手先を読んでプレーする。相手の動きを予測しあい、逆をつくプレーをしあう駆け引きもバドミントン観戦の面白さのひとつだ。

シングルスでは特に、相手を動かしてオープンスペースをつくり、そこを狙うと得点につながりやすい。いかにオープンスペースをつくるかが見どころだ。ダブルスでは、シングルス以上のスピーディーな展開が見もの。また一人一人の実力に加え、二人のコンビネーションが大きく影響してくる。ローテーションといわれるが、攻撃、守備、再び攻撃と二人の陣形は状況に応じてめまぐるしく変化していく。どんな球がきた時にどんなフォーメーションになっているのか、それがどう変化していくかを見るだけでも面白い。

混合ダブルスでは、女子が集中攻撃を受けるのがパターン。女子が男子の強打をどれだけレシーブできるか。男子はパートナーの女子をどれだけフォローできるかが勝利のカギを握る。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

前大会のメダリストを各国の多くの選手たちが追う

バドミントンの試合

古くからバドミントンの選手層が厚いのは中国だった。バルセロナ1992大会以来、18個の金メダルを含む31個のメダルを獲得していて、世界最多となる。ロンドン2012大会では全5種目で優勝を独占した。他には韓国、バドミントンを国技とするマレーシアとインドネシア、ヨーロッパではデンマークなどが伝統的に強い。しかし近年は、その勢力図が大きく変わり、日本が台頭、さらに台湾、香港、タイ、インドなどにランキング上位の選手が多い。

男子シングルスでは、リオデジャネイロ2016大会の金メダリストの諶龍(チェン・ロン/中国)、3大会連続銀メダルのリー・チョンウェイ(マレーシア)、銅メダルのビクター・アクセルセン(デンマーク)の活躍のみならず、その後ソン・ワンホ(韓国)、石宇奇(シー・ユーチー/中国)の活躍も著しい。

女子シングルスでもリオデジャネイロ2016大会メダリストのキャロリーナ・マリン(スペイン)の大舞台での勝負強さ、銀メダルに輝いてから大きな自信を得たプサルラ・V・シンドゥ(インド)に加えて、2016年12月に世界ランキング1位に就いてから、安定した強さを維持しつつも、オリンピックでは好成績を残していない戴資穎(タイ・ツーイン/チャイニーズ・タイペイ)などが躍進中だ。

男子ダブルスは、中国、デンマーク、インドネシア、日本などのペアがランキング上位に名を連ねておりさながら戦国時代。リオ大会で金メダル獲得の中国選手がペアを解消し引退するなど、世界ランキングの構成が大きく変化している。

女子ダブルスではリオデジャネイロ2016大会メダリスト髙橋礼(あや)華(か)/松友美佐紀組(日本)、カミラ・リター・ユール/クリスティナ・ペダセン組(デンマーク)などを中国、韓国、日本のペアが追っている。

混合ダブルスでは、中国、インドネシア勢の層が厚い。

<日本>
日本は近年バドミントンの選手強化に力を入れており、日本を抜きにバドミントン強豪国を語ることはできない。ロンドン2012大会ではバドミントン競技において日本選手として初めて女子ダブルスで藤井瑞希/垣岩令佳ペアが銀メダルを獲得する。リオデジャネイロ2016大会では女子ダブルスで髙橋/松友ペアが金メダル、女子シングルスで、奥原希望が銅メダルを獲得し、日本選手のその後の活躍の励みになった。その後女子ダブルスは2018年の福島由紀・廣田彩花組の活躍が著しく、髙橋・松友を凌ぎ世界ランク1位を獲得。また松本麻佑・永原和可那ペアが世界選手権を制しており、2018年11月時点、世界ランキング3位までを日本選手が占め、圧倒的な強さで世界を席巻している。女子シングルスでは山口茜が奥原を世界ランキングで上回り、2018年4月には最上位に輝いた。女子ダブルス、シングルスともに2大会連続メダルに期待がかかる。男子シングルスでは桃田賢斗が国際大会に復帰したのち一気に日本人男子選手として初の世界ランク1位に駆け上がり世界王者となり、東京2020大会での活躍が期待される。男子ダブルスでは園田啓悟と嘉村健士が安定して世界ランク上位に位置し、ベテラン遠藤由大とペアを組む渡辺勇太の活躍も著しい。渡辺は混合ダブルスにおいて東野有沙とのペアで全英選手権を制するなど、混合ダブルスも選手が育ちつつある。5種目のいずれにおいてもメダルが期待され、注目したい。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

バドミントンの線審は、シャトルのイン、アウトの判定をするが、シャトルの落下点が見えず判定ができない時は、どのようにするか。

Answer

A:両手で目を覆い、主審に見えませんでしたという合図を送る。
シャトルの落下点が選手の陰になるなどして見えなかった時は、両手で目を覆うしぐさで「見えませんでした」と主審に伝える。主審も判断できなかった場合は「レット」とコールされ、その前のサービス以後のプレーは無効となり、レットになる直前のサーバーが再びサービスをする。

(2018年12月1日現在)

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧