東京2020オリンピックメダル

東京2020オリンピックメダル デザインコンセプト

アスリートには栄光の部分だけでなく、勝利に至るまでの日々の努力が必ずあります。東京2020オリンピックメダルのデザインは、原石を磨くようなイメージで、光や輝きをテーマとしています。完成したメダルは、無数の光を集めて反射させ、この光は、アスリートや周りで支えている人たちのエネルギーを象徴しています。スポーツで競い合い、頑張っている人が称えられる世界になってほしいという思いを込めて、多様性を示す、様々な輝きをもたらすデザインです。また、この輝きの部分は、世界中の人々が手をつないでいる様子もイメージしています。

うら面のデザインは、東京2020入賞メダルデザインコンペティションでご応募いただいた作品から選定しました。
東京2020入賞メダルデザインコンペティション

おもて面のデザインは、国際オリンピック委員会により、パナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像、東京2020オリンピック競技大会の正式名称およびオリンピックシンボルの要素を含めた構図と規定されています。

東京2020オリンピックメダル デザイン

東京2020オリンピック 金メダル

おもて面

うら面

東京2020オリンピック 銀メダル

おもて面

うら面

東京2020オリンピック 銅メダル

おもて面

うら面

東京2020オリンピックメダルデザイン コンセプト映像

東京2020オリンピック メダル仕様

大きさ 直径85mm
厚さ 最小部分: 7.7㎜ 最大部分: 12.1㎜
重さ 金:約556g 銀:約550g 銅:約450g
原材料 金:純銀に6g以上の金メッキ
銀:純銀
銅:丹銅(銅95:亜鉛5)
リボン取り付け部分 メダル本体上部への埋め込み式
側面 メダル側面には各競技名(競技名・種別名・性別・種目名)が英語で刻印される

東京2020オリンピックメダルデザイナー

川西 純市(かわにし じゅんいち)

SIGNSPLAN 代表 サインデザイナー
SDA 公益社団法人日本サインデザイン協会
常任理事USD-O大阪デザイン団体連合 理事

東京2020オリンピック メダルリボン

選手の栄光を称えるリボンのデザインには、東京2020大会を象徴する藍と紅を使用し、日本らしい組市松紋を用いたデザインは祝祭感とともに多様性と調和を表現しています。
また、視覚に障がいのある方が、手で触れることで順位がわかるように、うら側にシリコンプリントで金メダルには1つ、銀メダルには2つ、銅メダルには3つの凸の加工を施しています。

東京2020オリンピック メダルケース

日本人が古くから親しんできた藍色の木製メダルケース。国産のタモ材を使用し、日本の高度な木工技術と職人の手で、一つずつ丁寧に仕上げられています。一つ一つ異なる個性豊かな杢目は、藍色の奥に浮かび上がり、オリンピック・パラリンピックの多様性を象徴しています。円形のフタと本体が磁石によって、繋がった輪のよう開いてそのままメダルをディスプレイすることが可能です。

東京2020オリンピックメダルができるまで

関連リンク