D&I宣言 アスリート委員会

2020年の大会実施に向けて、人権及びダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)推進の意識向上を目的に、アスリート委員会が「D&I宣言」を行いました。これは、12月6日に、組織委員会が行ったD&I宣言に賛同してのもの。

多様性を生かして、熱い思いで語り続けていくこと

アスリート委員会での宣言を提案した河合純一副委員長からは、「私が参加しているワーキングの中で、このD&I宣言について聞きました。こんなにすばらしい取組みを組織委員会職員の中だけでとどめておくのは本当にもったいない」と語り、「多様性を生かしていくことをしっかりと意識すること、アスリート、観客、ボランティア、スタッフが、そういう思いを持つことによって大会も成功し、その先につながる大きな力になる。委員の皆さんがさまざまな場所で、伝え合っていくことが重要だと思っています。熱い思いで語りかけていけば、少しずつかもしれませんが変わっていくきっかけになる」と続けました。
高橋委員長からは「私たちアスリートは、世界で、性別、年齢、人種や国籍、障がいの有無、そういったことを関係なしにスポーツという場面で、心の、魂に近いところで戦ってきました。そういった経験があるからこそ、非常に強い賛同や思いを重ねてもらえるところも多いと思います」と語り、参加した委員全員がポスターに署名とともに一言を添えました。
アスリート委員会としては、今後、委員それぞれのフィールドで、このD&Iの考え方や価値観を広めていくことで、日本社会にレガシーとして根付かせていくことに貢献していきます。

D&I宣言 アスリート委員会の様子
高橋尚子委員長