誕生日に地元を通過、将来の夢はオリンピックで金 埼玉県ピックアップ聖火ランナー 奥野湖々奈さん

saitama-TB

奥野湖々奈さん

奥野さんの住む朝霞市に聖火がやって来る7月7日は、奥野さんの誕生日です。このような奇跡は一生ないと思い、聖火ランナーに応募しました。

将来の目標は『夢はオリンピックで金メダルを獲ること』。ショートトラックスピードスケート競技でミラノ・コルティナ2026冬季オリンピックに出場し、金メダルを獲るべく練習に励みます。

誕生日に生まれ育った朝霞市で聖火ランナーとして走り、オリンピックのすごさを肌で感じ、目標であるオリンピックでの金メダルを実現させたいと願っています。

※聖火ランナー応募時(2019年夏頃)にご提出いただいた志望理由をもとに構成しております

誕生日に地元に聖火が来ると知った時はどのように思いましたか?

「誕生日に、しかも朝霞を通るなんて、これは絶対運命だ!」と思いました。最初決まったと聞いた時は、寝ぼけていて実感がわかなかったけど、時間が経つにつれ「私、走るんだ!」と思えてきて、とても楽しみになりました。

スピードスケートを始めたきっかけを教えてください。

父は若い頃ショートトラックの選手でした。その頃の写真を父の部屋で見つけ、カッコイイと思い、「私もやりたい!」と両親にお願いしました。今はクラブでショートトラックとスピードスケートを二刀流でやっています。

憧れているオリンピック選手はいますか?

ショートトラックは、平昌2018冬季オリンピック女子1500mの金メダリストである韓国のチェ・ミンジョン選手です。レース展開がすごく上手なところが憧れです。スピードスケートは小平奈緒選手です。スタートが速く、スピードが落ちないところに憧れます。

ご自身にとってオリンピックとはどのようなものですか?

オリンピックは私の目指す一番の目標で、絶対に出場して金メダルを獲りたいです。それに向けて、陸上トレーニングは週5~6日、氷上練習を週3~4日しています。また休養日を週1~2日取って、コンディションを整えています。

聖火ランナーへの意気込みを一言お願いします。

ショートトラックやスピードスケートのことを、みなさんにもっと知ってほしいです。聖火リレーでは、私も聖火のように元気に走って、東京2020オリンピックを盛り上げたいです!!