宮城県

40/47都道府県
日程
調整中

大切なお知らせ

2020年3月24日(火)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020組織委員会は、東京2020大会の延期を発表しました。

これに伴い、3月26日(木)から予定されていた東京2020オリンピック聖火リレーは、スタートせずに、今後の対応を検討することとなりました。

今後、大会延期日程に合わせて新たな聖火リレーの日程を定め、多くの方々にお集まりいただき、盛大なグランドスタートが迎えられるよう、準備を進めてまいります。

新たな情報は今後、随時お知らせしてまいります。

※2020年3月26日現在

見どころスポット

宮城県の聖火リレーは、県北東部の気仙沼市から出発し、1日目は女川町、2日目は利府町、3日目は仙台市でセレブレーションを実施します。

みどころは、東日本大震災の津波被害から5年を経てオープンした南三陸町「さんさん商店街」でのリレー、大小260余りの島々が織りなす「日本三景松島」でのリレー、復興を象徴するメモリアル公園がある岩沼市「千年希望の丘」でのリレーなど、復興オリンピック・パラリンピックを体現するルートとして、津波被害の大きかった沿岸部の市町を中心にリレーを通じて復興状況と宮城の魅力を発信していきます。

聖火リレーの動画と写真をチェックしよう!
聖火リレーギャラリー

宮城県ピックアップ聖火ランナー 田村孝行さん

息子への思い胸に、津波を語り続ける

田村さんは東日本大震災の津波により、女川町で働いていた息子の健太さん(当時25歳)を失いました。現在は、妻と2人で「いのちの大切さ」や「津波から命をまもること」を語り続けています。

全文を見る