愛知県

6/47都道府県
日程
調整中

大切なお知らせ

2020年3月24日(火曜日)、国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020組織委員会は、東京2020大会の延期を発表しました。

これに伴い、3月26日(木曜日)から予定されていた東京2020オリンピック聖火リレーは、スタートせずに、今後の対応を検討することとなりました。

今後、大会延期日程に合わせて新たな聖火リレーの日程を定め、多くの方々にお集まりいただき、盛大なグランドスタートが迎えられるよう、準備を進めてまいります。

新たな情報は今後、随時お知らせしてまいります。

※2020年3月26日現在

見どころスポット

愛知県の聖火リレーは、“やきもののまち”瀬戸市から出発し、県西部の尾張地域をリレーした後、金のシャチホコで有名な名古屋城で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は、路面電車が走る豊橋市から出発し、東三河・西三河・知多地域をリレーし、豊田スタジアムでセレブレーションを実施します。

みどころは、三種の神器の一つ「草薙神剣」を祀る熱田神宮、日本最古の様式の天守が現存する国宝犬山城や、江戸時代から醸造業で栄え、醸造蔵が立ち並ぶ半田運河、日本三大稲荷のひとつと言われている豊川稲荷、徳川家康が生誕した岡崎城などです。

聖火リレーの動画と写真をチェックしよう!
聖火リレーギャラリー

愛知県ピックアップ聖火ランナー 小寺岸子さん

車いすで楽しく暮らす「聖火運び、感謝伝える」

小寺さんは33年前、交通事故により車いすの生活となり「なぜ生き残ってしまったのか」という絶望しかありませんでした。

しかし、障がいのある仲間に誘われて街に出かける度に、車いすで自由に出かけられる場所が増えていると感じ、「楽しく生きよう」と思えるようになりました。

全文を見る