「熱く目立って尖って」温泉街を盛り上げる  静岡県ピックアップ聖火ランナー 石島正和さん

41-p_Shizuoka_whole2

石島正和さん

石島さんは、2019年4月に東伊豆町の熱川(あたがわ)温泉に移住しました。

奥様の実家である旅館の跡継ぎとして、自らの旅館だけでなく、熱川温泉を「お湯も人もあふれかえる」温泉街を目指し、これからの人生を熱川温泉で過ごすと決意しています。

地元出身ではない外からの着眼点や、ITエンジニアだった前職での経験を生かして熱川温泉を発信したい、それこそが自分が担うべき役割だと考えています。

石島さんは個々の旅館が頑張っている今だからこそ、さらに熱川温泉全体で盛り上がる仕組みを作り上げたいそうです。熱川温泉の中では若手の石島さん。「熱く目立って尖って」熱川温泉を盛り上げたい。そのためにも、地域を背負って立つ聖火ランナーとして「地元 伊豆」を走ります。

※聖火ランナー応募時(2019年夏頃)にご提出いただいた志望理由をもとに構成したものです

熱川の良いところを教えてください。

海・山が自然のままに残り、温泉やぐらから温泉が湧き出し続け、湯煙がもうもうと立ち上る温泉街が熱川温泉です。そんな景色がいつ来ても広がるのは熱川温泉だけです。スローで昭和な雰囲気が漂う温泉街が私は大好きです。

実際に住んでみて大変なことやよかったことはありますか?

都会と比べ便利ではありませんが、美しい海と山々の四季を感じられる贅沢を日々実感しています。企業と異なり、小さな地域のコミュニティなので、難しさがありますが熱川温泉のためのワンチームなので、心強いです。

石島さんだからこそ行ってみようと思っている所はどこですか?

一度でいいので、東伊豆名産の金目鯛の漁船に乗り、熱川温泉を海から眺めてみたいと思っております。
朝日に照らされた、赤く燃えるようなきれいな温泉街を見てみたい!

実際に取り組まれて地元の方の反応などはいかがでしょうか?

最近、熱川温泉観光協会のウェブサイトのリニューアルに携わりました。前職の経験と、熱川温泉を外部からの視野で魅力を探るという2点について力になれたと思っています。ウェブサイトも好評いただけました。

地元の代表として意気込みを一言お願いします。

伊豆に移住してわずか1年の私ですが、聖火ランナーとして走れること、とても光栄です。「地元 伊豆」の200Mを、一歩一歩を大事に、最後まで走り抜けたいと思います!応援よろしくお願いいたします!!