復興の火(オリンピック聖火)の展示についてご理解とご協力のお願い

OTR-logo-KV

復興の火(オリンピック聖火)の展示について、本日、仙台駅の東口エリアで実施していたところ、予想を遥かに上回る多くの方が集まったため、東京2020組織委員会では、実行委員会とも協議の上、午後4時頃からは新たな列への並びをご遠慮いただくことにしました。午後4時30分頃以降は、復興の火の陳列はいたしましたが、歩行者が立ち止まらないように現地でご案内をし、過度な密集状態が発生しないように運営を行いました。既にイベントは当初予定の午後7時に終了しております。

復興の火の展示実施にあたっては、地元自治体をはじめ、関係機関の皆さまに大変なご尽力をいただいており、また多くの市民の方にも楽しみにしていただいていたことから、大変心苦しい判断となりました。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

なお、明日以降の復興の火の展示予定に今のところ変更はありませんが、列に並ばれる方の間隔を前後1m以上空けることを徹底し、過度な密集状態が発生した場合には、観覧の方の列への整列、火の展示中断・中止を検討する方向で、地元自治体をはじめ、関係機関と調整いたします。