東京2020オリンピック聖火リレー  新型コロナウイルス感染症対策を公表

otr-for-carousel

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2021年3月25日(木)に福島県からスタートする東京2020オリンピック聖火リレーについて、聖火リレーを実施する当該都道府県の新型コロナウイルス感染症の感染状況等を踏まえ、以下の対応で実施することを発表しました。

東京2020オリンピック聖火リレーの新型コロナウイルス感染症対策

組織委員会は、観覧客・聖火ランナー・運営スタッフをはじめとする聖火リレー関係者と地域住民双方の感染防止に努め、安全・安心な東京2020オリンピック聖火リレーを実現するため、以下の新型コロナウイルス感染症対策を実施します。

  1. 3密(密閉・密集・密接)の回避
  2. 飛沫感染・接触感染防止
  3. 殺菌・消毒の徹底
  4. 体調管理・確認の徹底
  5. 広報・周知の徹底
  6. 陽性者・体調不良者発生時等の対応計画の作成

詳細は、以下のページをご覧ください。