東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式 ブルーインパルスによる「オリンピックシンボル」飛行等が決定!

20200220-01-thumb_resize

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020オリンピック「聖火到着式」において、航空自衛隊の展示飛行チーム「ブルーインパルス」によるオリンピックシンボル展示飛行などを行うことを発表しました。

3月20日、航空自衛隊松島基地に聖火が到着!

東京2020オリンピック聖火到着式は、3月20日に宮城県の航空自衛隊松島基地にて行われます。
3月19日にギリシャ・アテネで開催される「聖火引継式」で採火された聖火が、ギリシャオリンピック委員会より東京2020組織委員会に引き継がれ、日本へと運ばれてきます。
聖火到着式では、ブルーインパルスによる「オリンピックシンボル」の展示飛行、航空自衛隊航空中央音楽隊による「Hope Lights Our Way」等の演奏などが実施されます。

※「Hope Lights Our Way」は東京2020オリンピック聖火リレー公式BGMです。

聖火到着式について

日時:2020年3月20日(金)11:00~11:50(予定)
場所:航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市矢本板取85)

聖火到着式の内容

  • 東京2020組織委員会代表者、野村忠宏氏と吉田沙保里氏が聖火を格納したランタンを持って降機し、子どもたちにエスコートされステージに登壇
  • ステージ上にて、聖火皿への点火が行われ、聖火が日本に灯されます。
  • 東京2020組織委員会代表者などの挨拶
  • ブルーインパルスによるカラースモークでの「オリンピックシンボル」展示飛行
  • 航空自衛隊航空中央音楽隊による演奏

※なお一般の方の入場・観覧はできません。

関連リンク

長野1998大会で展示飛行の任務に就いていたメンバーの一人である阿蘇晋一1等空佐(航空自衛隊松島基地副司令)に、当時の様子や思い、東京2020大会への期待をお伺いしました。

大空を「希望」で彩るブルーインパルス 長野1998大会の記憶、2020年へ紡ぐ思い

東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式について

東京2020オリンピック聖火リレーページ