日本コカ・コーラ株式会社との「東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーシップ契約」締結について

OTR

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)と日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、2018年8月28日(火)、「東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーシップ契約」の第1号として契約を締結しましたのでお知らせいたします。

東京2020組織委員会は、これまで90年もの長きにわたりオリンピックを盛り上げてきたワールドワイドオリンピックパートナーであるコカ・コーラ社の日本法人である日本コカ・コーラ株式会社と協力し、東京2020オリンピックをこれまで以上に世界中のファンや選手にとって忘れられない特別な大会にするために、同社と本契約を締結するものです。

契約内容
東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーシップ契約

契約先
会社名:日本コカ・コーラ株式会社
本社:東京都渋谷区
代表者:代表取締役社長 ホルヘ・ガルドゥニョ

東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーシップ契約について
東京2020オリンピック聖火リレーのスポンサープログラムは3つの階層からなり、今回、日本コカ・コーラ株式会社と締結したプレゼンティングパートナーはその最高位にあたります。
プレゼンティングパートナーは、聖火ランナーの募集キャンペーンの実施や、聖火リレーのエンブレム等を使ったプロモーション活動の実施が可能となります。

ホルヘ・ガルドゥニョ 日本コカ・コーラ株式会社 代表取締役社長コメント
コカ・コーラ社が、1928年以来、オリンピックのパートナーとして最も長い歴史を持っていることを誇りに思っています。そして、1992年にはオリンピック聖火リレーに公式に参加しました。
この度、東京2020オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナー第1号になれたことを大変うれしく思います。今後は東京2020オリンピックに向けて、われわれの大切なパートナーで全国に5社あるボトラー社―コカ・コーラボトラーズジャパン、北海道コカ・コーラボトリング、みちのくコカ・コーラボトリング、北陸コカ・コーラ ボトリング、沖縄コカ・コーラボトリング―と共にコカ・コーラシステムが一丸となって、全国に聖火を届けられるよう尽力します。今後、オリンピック聖火リレーという忘れられない特別な体験を通じて、オリンピックムーブメントに参加する機会を提供し、東京2020オリンピックを盛り上げていきます。

森 喜朗 東京2020組織委員会 会長コメント
このたび、日本コカ・コーラ株式会社を、東京2020オリンピック聖火リレーのプレゼンティングパートナー第1号としてお迎えできることになりました。過去12大会にわたり聖火リレーのプレゼンティングパートナーを務められ豊富な経験をお持ちのワールドワイドパートナーであるコカ・コーラ社とともに、大会直前の機運醸成にとって最も重要なイベントである東京2020聖火リレーを成功させたいと思います。

東京2020オリンピック聖火リレー