聖火ランナー選定の基本的な考え方

OTR_basic_photo

東京2020オリンピック聖火ランナーの募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

対象:全ての人

  • 国籍、障がいの有無、性別、年齢(※安全なリレーのために下限年齢を設定)のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする
  • 地域で活動している人を中心に選定

復興・不屈の精神(支えあう心)

  • 日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支えあって、諦めずにどんな困難にも立ち向かう人
    例:復興のために、地域コミュニティ再生に多大な貢献をした人

違いを認めあう包容力(認めあう心)

  • 様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人
    例:様々な個性の子供たちのためのスポーツコミュティを作り、多くの人が集う地域の拠点を作った人
  • 地域の人と移住者をつなげて、新たな地域ブランド構築に貢献した人

祝祭による一体感(高めあう心)

  • ランナーとして走ることで、地域の一体感を高めあう事ができる人
    例:地域の伝統文化活動を縁の下で支えている人

聖火ランナーに応募いただける方

主なポイント

  • 2008年4月1日以前に生まれた方
  • 国籍・性別は問いません
  • 走行を希望する各都道府県にゆかりがある方

聖火ランナーの基本応募要件

聖火ランナーにご応募いただくためには、以下の基本応募要件を満たす必要があります。

  • 2008年4月1日以前に生まれた方とします。ただし、 2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。
  • 原則として、走行を希望する各都道府県にゆかりがある方(現時点または過去に居住していたことがある方、現時点で所属している職場や学校がある方、家族や親戚が居住している方、過去に活動したことがある方など)とします。
  • 国籍・性別は問いません。
  • 自らの意思で火を安全に運ぶことができる方とします。ただし、介添えスタッフ(介添者)のサポートは必要に応じて可能です。
  • 政治的・宗教的メッセージを伝えることを目的とする方は、聖火ランナーになることはできません。
  • 公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうとする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。
  • 宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることはできません。

聖火ランナー応募にあたっての主な注意事項

  • 私的な宣伝・PR行為はできません。
  • 1名ごとにご応募ください。複数人が連名で応募することはできません。
  • 聖火ランナーは、東京2020組織委員会が支給するユニホームを着用、走行いただきます。
  • 1名あたりの走行距離は、約200mです。(200mを上回る場合や、満たない場合もありますので、ご了承ください。走行速度は、ご自身のペースでゆっくり走る程度です。)
  • 聖火ランナーとして決定した方の走行日時・走行場所は、東京2020組織委員会が別途指定します。なお、島しょ部などを含む様々な場所が指定される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 車いす等の走行に必要な機器・器具・装具等が必要な場合は、ご自身で手配をお願いします。
    ※車いすに聖火リレートーチを接続するアタッチメントは、東京2020組織委員会にて手配します。
    ※単独走行が困難な方は、介助者を1名付けていただくことが可能です。
    ※必要に応じて、身体障がい者補助犬とともに走行することができます。
  • 不選出となった方への通知は行いません。

東京2020オリンピック聖火ランナーに選ばれた方へ

聖火ランナーに選ばれた方々へのお知らせ、注意事項をご確認ください。

聖火リレーニュース