聖火到着式

聖火を掲げる野村忠宏さん(左)と吉田沙保里さん
聖火を掲げる野村忠宏さん(左)と吉田沙保里さん

2020年3月12日(木)ギリシャ古代オリンピア市のヘラ神殿で採火された聖火は、2020年3月19日(木)ギリシャの首都アテネのパナシナイコスタジアムで開催された聖火引継式で、ギリシャオリンピック委員会より東京2020組織委員会に引き継がれました。その後、東京2020オリンピック聖火は、聖火特別輸送機“TOKYO 2020 号”にて空輸され、2020年3月20日(金・祝)に宮城県にある航空自衛隊松島基地に到着。ギリシャから日本に到着する聖火を歓迎し、聖火到着式が開催されました。

東京2020聖火リレー公式アンバサダーの(左から)伊達さん、富澤さん、石原さん、田口さん
東京2020聖火リレー公式アンバサダーの(左から)伊達さん、富澤さん、石原さん、田口さん

東京2020オリンピック聖火特別輸送機 “TOKYO 2020 号”

聖火特別輸送機“TOKYO 2020 号”
聖火特別輸送機“TOKYO 2020 号”

東京2020組織委員会は、全日本空輸株式会社・日本航空株式会社の協力のもと聖火輸送を行いました。
古代オリンピアで採火された聖火をアテネから日本へと運ぶ東京2020オリンピック聖火特別輸送機のデザインは、東京2020オリンピック聖火リレーコンセプト「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」を反映しています。

機体前部に置かれたオリンピック聖火ランナーピクトグラムから始まる聖火の炎は、黄土色の大地に乗って、垂直尾翼に記された東京2020オリンピック聖火リレーエンブレムへと繋がります。機体全体で、聖火リレーによる1本の希望の道を表しています。Hope Lights Airway.希望の道は地上だけでなく航空路にもあり、一人一人の聖火ランナー同様、この一機も一つの聖なる火をつなげていきます。

特別輸送機の名前は“TOKYO 2020 号”。“号”は“Go!”と同じ発音で、 “TOKYO 2020 Go!”という二つの意味を持ち、聖なる火を大会へ届ける使命感と、大会への高まる期待を込めています。

特集:聖火到着式を彩ったブルーインパルス

東北の空を5色のオリンピックカラーで彩ったブルーインパルス
東北の空を5色のオリンピックカラーで彩ったブルーインパルス

2020年3月20日、東京2020オリンピック聖火到着式で56年ぶりのカラースモークを描いた航空自衛隊アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」。当日の映像、飛行隊長や整備員へのインタビュー、貴重なパイロット全員によるトークをお楽しみください。

特集:聖火到着式を彩ったブルーインパルス

聖火リレーニュース