東京2020オリンピック聖火リレー聖火皿・ランタン

otr-brand-design-cauldron-and-lantern (3)

聖火皿とランタン。それはギリシャで灯された、かけがえのない東京2020オリンピック聖火を、 聖火リレートーチとともに日本全国へつないでいくアイテムです。 

聖火リレーに欠かせない2つのアイテムのデザインと仕様をご紹介します。

TOKUJIN YOSHIOKA + TYD

東京2020オリンピック聖火リレー聖火皿

聖火皿は、到着式や復興の火の展示、そして聖火リレーの出発式や各日の最後に行うセレブレーションといった、セレモニアルな場で使用されます。また、素材の一部には東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ建築廃材を使用しており、トーチと同じ桜の花をモチーフにしたデザインとなっています。

聖火皿の仕様

全高 約1.5m
重量 約200kg
主な素材 アルミニウム(仮設住宅由来の再生アルミニウム約30%を含む)
燃料 プロパンガス

東京2020オリンピック聖火リレーランタン

ギリシャ・オリンピアで採火された聖火を大会開催国に運ぶため、また聖火リレーが行われる市区町村間の車両移動の際などに使用されるアイテム、それがランタンです。聖火リレーでつながれる炎は、トーチからトーチへつながれるだけではなく、聖火リレーが行われていない間の移動時には、聖火の炎が消えないよう、ランタンへ炎が移されます。

ランタンの仕様

全高 約30cm
重量 約1.8kg
主な素材 真鍮
燃料 灯油

デザイン / 監修

吉岡 徳仁(よしおか とくじん)

1967年生まれ。東京2020聖火リレートーチデザイナー。
倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学び、2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。デザイン、建築、現代美術の領域において活動し、自然と光をテーマにした詩的な作品は、国際的に評価されている。代表作には、オルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」をはじめ、クリスタルプリズムの建築「虹の教会」、結晶の椅子「VENUS」、ガラスの茶室「光庵」などがある。

聖火リレーニュース