東京2020オリンピック聖火リレー ブランドデザイン

Olympic Torch Relay brand design-kv

東京2020オリンピック聖火リレーで使われるエンブレム、トーチ、ユニフォーム等を紹介します。

東京2020オリンピック聖火リレーエンブレム

東京2020オリンピック聖火リレーエンブレムは、東京2020オリンピックブランドの一貫性を保ち、ファミリーであることがわかるように、大会エンブレムをデザインの起点としています。

大会エンブレムを構成する3つの四角形を聖火の炎と見たて、炎のダイナミックな動きを表現しています。また、日本らしさを表現するデザインモチーフとして、「拭きぼかし」という浮世絵の技法を用いました。

色彩は、東京2020オリンピック聖火らしい炎となるよう、日本の伝統色を用いています。エネルギッシュ、情熱的、愛情深い、行動力があるといったイメージのある「朱(しゅ)」に、大地を連想させる「黄土(おうど)」を組み合わせ、日本らしい祝祭感を醸し出します。

聖火ランナーとともに、日本の豊かな大地を駆け抜けていく聖火が、未来へと続く、「希望の道」を照らし出していきます。

東京2020オリンピック聖火リレートーチ

東京2020オリンピック聖火リレートーチ

東京2020オリンピック聖火リレーで用いるトーチは、 日本人に最もなじみ深い花である桜をモチーフとしています。2021年3月、桜の季節の訪れとともに、オリンピック聖火は「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」という東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトと一体となり、日本全国を巡ります。

東京2020オリンピック聖火リレー聖火皿・ランタン

東京2020オリンピック聖火リレー聖火皿・ランタン

聖火リレーに欠かせない2つのアイテムのデザインと仕様をご紹介します。

東京2020オリンピック聖火ランナーユニフォーム

東京2020オリンピック聖火ランナーユニフォーム

東京2020オリンピック聖火リレーの聖火ランナーユニフォームは「Hope Lights Our Way (英語) / 希望の道を、つなごう。(日本語)」という東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトに基づき、リレーらしさ、日本らしさとともに、東京2020大会との連続性を重視してデザインされています。

聖火リレーニュース