チケット特集 ビーチバレーボール

真夏の大会にふさわしい 、砂浜のエンターテインメント!

砂浜遊びから

始まった競技

ビーチバレーボールの発祥は、ハワイやアメリカ西海岸など諸説ありますが、砂浜での「遊び」としてスタートしたスポーツだとされています。2人でプレーするから選手一人ひとりが主役。室内のバレーボールよりややせまい片面8m×8mのコートですが、ネットの高さは同じ。近年は、室内バレーボール並にスピード感もアップし、ダイナミックなプレーの迫力も魅力です。

エンタメを意識した

「魅せる」スポーツ

ビーチバレーボールは、音楽をかけながら実況をするDJスタイルで試合が行われます。スパイク、ブロックが決まるたびに音楽を流す演出や、海外の試合では観客席に放水して楽しませるシーンも。スタンドから音楽に合わせ掛け声をかけるなど、観客参加型のスポーツとして知られています。世界的にも人気が高く、ロンドン2012大会、リオ2016大会では最も多くの観客を動員した種目なのです!

フェス気分で

楽しみたい会場の雰囲気

会場:潮風公園

試合会場が砂浜であるビーチバレーボールは、まさに夏がぴったりの競技。観客も音楽に合わせて掛け声をかけたり、拍手したり、時には踊って応援できます。各国から選手や観客が集まった会場では、スポーツ観戦と音楽フェスのような雰囲気を同時に体験できるので、初観戦の方でも楽しめます。成人であればビールを飲みながらの観戦もOK!会場の潮風公園で、文字通り潮風を感じながら4年に一度の贅沢な時間を堪能しましょう!